5月27日 その1402『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.05.27



今日は早朝から会合があるため、
日の出前から活動開始です。

空全体が雲に覆われいます。
日中も曇りの予報です。
今日以降、都内は雲の多い天候となるようです。

雲…、苦悶…、なんとなくそんな繋がりを感じてしまいます。

気温は現在18度程度。
日中も21度程度と、朝から気温もあまり変化がないようです。



1)農業委員会
昨朝、北海道農業会の要請集会が開催され、
地元の農業委員の皆さんから数多くの要望を受けています。

私から次の話をしています。

====

・原発災害対策
北海道農産物の安全を証明するため
農産物残留放射線量の測定を迅速に行う体制を整える必要がある。
農水省ではそのための予算を補正で確保したが、
さらなる拡充が必要なため、皆さんからも声をあげて頂きたい。
現在、稼働中の原発は、稼働継続するしないに係わらず
最大限の安全対策を講ずる必要がある。
建設中、計画中のものは、その必要性も含め慎重な対応が必要。

・戸別所得補償
戸別所得補償は、色々と課題の指摘も多いが、
歯を食いしばって制度の改善、充実、拡充を行うことが重要。
ごく小規模な農家に対してまで、
北海道の専業農家と同程度の補償を行うことは疑問。

・土地基盤整備事業
現場の実態を見ると、民主党政府は、
土地基盤整備予算を切り過ぎたとの印象がある。
現に、私が所管する地域自主戦略交付金では、
農業予算が予想以上に増えている。
今後、予算の確保に努力する。

・TPP
TPPへの参加は賛同できない。



2)冤罪
【冤罪】おかしたおぼえのない罪。無実の罪。ぬれぎぬ。冤枉(エンオウ)。

手もとの辞書で【冤罪】は、上記のように説明されています。

====

去る24日、1967年に起きた布川事件の再審で、
無期懲役が確定し仮釈放中の桜井さん、杉山さんに対し、
水戸地裁土浦支部が、
強盗殺人罪について無罪(求刑・無期懲役)を言い渡しました。

====

この件では、2人と事件を直接結びつける物証はなく、
捜査段階での「自白」と、
近隣住民の「2人を見た」との証言が確定判決の支えでした。

しかし弁護側は、
警察・検察が自白を強要し、
無罪の証拠を隠して有罪立証したなどと批判し、
結局、無罪が言い渡されたものです。

両氏は、29年もの長きを獄中で過ごし、
40年以上に渡り、非常に辛い思いをされてきました。

その心中を思うと、
察してもあまりある苦悩を感じます。

====

死刑か無期懲役が戦後確定した事件の再審は
昨年3月の「足利事件」以来で7件目です。
DNA再鑑定で検察側も無罪論告をした足利事件をはじめ、
過去6件はいずれも無罪が確定しています。

こうした冤罪が、絶対に発生しないよう、
取り調べや裁判制度などに関し、
丁寧な対応が必要になります。



3)復興再生議連
昨日、超党派議員による
「日本の復興と再生を実現する議員連盟」
(略称:復興再生議連)が発足し、
私も参加しています。

====

日本は3.11大震災前から
未曾有の危機に陥っていたと再認識する必要があります。

財政難、少子高齢化、社会保障制度劣化、疲弊する地域など、
極めて厳しい状況になっているのが日本の状況です。

党利党略などを前面に押し出して、
政策の決定遂行を遅らせている場合ではないのです。

こうした危機状況をさらに深刻にさせたのが今回の大震災ですが、
未だに震災前と似たような与野党対立の中で、
政策の実現遂行に関し、膠着した状態が続いています。

こんな状況の中では国民の政治に対する不信がさらに高まり、
日本の将来をさらに危ういものします。

何とかしてこの現状を打破せねばなりません。

====

そこで昨日、しっかり議論して素早く政策を実現することなど
を目指した議連が立ち上がったのです。

私も、この趣旨に賛同して、このメンバーとなっています。

昨日の議連発足時には、150名程度の議員が参加しています。

====

昨日は、早速、
福島原発に関し、政府内にではなく、
国会に「原子力事故調査委員会」を設置するため、
法案化作業の提案が行われました。

私も多いに賛同するものです。

とにかく実践力、実行力を重視して、対応します。



さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・5・27 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 5月27日 その1402『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください