2月7日 その2360『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.02.07



今日は、ちょっと遅めの始動。



昨日、都内で用務があったが、

今日、帰函し、夜は北斗市での新春の集いだ。







1)法制局

これまでの憲法解釈を変更させて、

集団的自衛権の行使容認に前向きだとされる

小松一郎・内閣法制局長官が

入院中のため国会で答弁ができない。



そのため昨日は、

横畠裕介次長が

今国会で初めて参院予算委員会で答弁した。



横畠次長対し、

集団的自衛権行使に関する

現行解釈の確認を求める質問があった。



ところが横畠氏は、

その質問に対し



「現時点では意見は差し控える」



と3度にわたって繰り返した。



横畠氏は1999年以降、内閣法制局に勤務。



小泉政権当時の2005年の国会で



「憲法上の問題を生じうるのではないか」



と答弁し、

集団的自衛権は行使できないとする

現行解釈に沿う見解を示していた。



それにもかかわらず、

社民党の福島瑞穂前党首が現行解釈の確認を求めたが、

「意見を差し控える」と3度にわたって繰り返したのだ。



その後、質疑が中断。



再開後にやっと



「政府としては、行使は許されないと解してきた」



と答弁した。



====



総理が変われば、それとともに憲法解釈も変わる。



総理の顔色を見て、法制局が答弁を調整する。



こんな姿を見ていると、

日本は法治国家ではなく、

人治国家になってしまう。



こんなバカなことを避けねばならない。







2)細川さん

昨日、知事選挙最中の都内にいたが、

知事選挙をやっているとの雰囲気に遭遇する場面はなかった。



確かにポスター掲示場があり、

数人のポスターが貼ってある。



それを見る限り、

選挙期間中であることは分かる。



だが遊説車や、街頭演説に遭遇することもなく、

ちょっと肩すかしの雰囲気だった。



====



もちろん、今回の選挙は極めて大事だ。



東京の将来だけではなく、

日本の将来を左右する重要な選挙だ。



有権者の皆さんには選挙に行って、

確実に一票を投じて頂きたい。



====



今回の選挙は、

原発を争点にするのはおかしいとの指摘がある。



私はそうは思わない。



原発のあり方を考えることは、

国民、都民の生活ありかた全体に影響を及ぼす。



都内に原発がない。



原発は国政の問題。



だから都知事選挙で、

その是非が争点になるはおかしいという方がいる。



それは違う。



原発推進の是非によって、

都民生活のあり方が大きく変わることになる。



私は、今後の日本の目指す方向は、

脱原発社会の実現であり、

それに沿った新たな社会の姿を

構築する必要があると考えている。



その意思を明確に持った方に知事になって頂きたい。



特に総理経験者が、

これまでの原発推進のあり方を反省し、

政策を転換した意味は大きい。



さまざまなことを含め、

細川さんに知事になって頂きたいと思う。



TEAM細川HP



http://hosokawa-morihiro.jp/







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・2・7

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください