2月9日 その2362『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.02.09



函館市内は、

朝の最低気温が氷点下4度、曇っている。



どちらかといえば、

穏やか雰囲気の朝だ。



関東地方は、

昨日45年ぶりという大雪に見舞われ、

交通機関などは大混乱となった。



20センチ余の降雪は、北海道では珍しくもないが、

備えのない状態では、相当に厳しいものになる。



備え、準備…、この大切さを痛感するが、

40年に一度のことに、

どの程度のコストをかけるのか、

議論の分かれるところだろう。







1)森町

昨夜は、森町で新春の集いを開催した。



これで本年9か所目の開催となる。



昨夜も、相変わらず気温が低く、

とても寒い状態だったが、

多くの皆さんにおこし頂いた。



参加者の皆さんと、

いろいろな話をさせて頂いたが、

一見調子が良さそうに見える

自民党政治への不安の声が多い。



地域課題に対する具体策について、

私の現場感覚を評価する声もたくさん頂いた。



有り難いことだ。



昨夜は、森町後援会長からの要請もあり、

スライドと資料を活用して、

政策に重点を置いた話をした。



分かりにくい話題もあっただろうが、

皆さんからは、もっと聞きたかったとの声もあり、

後援会長からの提案を有り難く思う。



====



今日、

13時から函館市内のホテルロイヤルで、

新春の集いを開催する。



是非、多くの皆さんに、気軽にご参加頂きたい。







2)国民負担率

新年度の国民負担率は、41.6%と、

これまでで最も高くなる。



税金や社会保険料など、

国民全体の公的な負担の度合いを示すのが

「国民負担率」だ。



日本の「国民負担率」は、

昭和45年度は24.3%だった。



最近は、所得が伸び悩む一方、

高齢化で社会保障関連の負担が増えている。



そのため国民負担率の上昇傾向が続く。



各国の負担率は次のとおりだ。



フランス:61.9%

スウェーデン:58.2%



ドイツ:51.2%

イギリス:47.2%



日本:41.6%



韓国:34.5%

アメリカ:30.8%



====



スウェーデンなどに代表される、

高負担高福祉、

アメリカなどに代表される、

低負担低福祉。



日本は中負担中福祉…、

一般的には、そんな分類になるのだろうが、

ものごとはそれほど簡単ではない。



今後、少子高齢化がさらに進行する。



さらに公的な負担に

国の借金を加えた「潜在的な国民負担率」は、

51.9%にもなっている。



こんなことを考えると、

日本は、高負担中福祉、高負担低福祉…、

そんな姿も垣間見える。



負担と公的サービスの在り方について、

腰を据えて議論し、

あるべき姿を構築せねばならない。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・2・9

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 2月9日 その2362『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください