2月10日 その2363『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.02.10



函館の夜明け前の気温は、

氷点下7度程度。



昨夜から雪は降っていない。



寒さは厳しいが、穏やかな感じだ。



昨日も、夜遅くまで走り回った。



そのため、ちょっと睡眠不足だが、

予定通り様々な案件をこなし、

ちょっとした充実感もある。







)新春の集い

昨日は、

今年10か所目となる新春の集いを、

函館市で開催した。



細かい濡れ雪が降る、生憎の天候だったが、

本当に多くの方々に参加頂いた。



今年の各地での新春の集いは、

例年以上に濃密に

いろいろな話ができるよう心掛けている。



昨日の函館開催は、

参加人数が極めて多い催しだが、

各テーブルを回って、

いろいろな話をさせて頂いた。





原発を止めて欲しい





総理の教育政策が恐ろしい





政党の枠組みを超えて、

逢坂さんに頑張ってもらわなければこまる





具体的に仕事ができる逢坂さんが、

この地域には絶対必要だ





街宣で風邪をひくな



====



こんな話をはじめ数多くの激励を頂いた。



感謝、感謝の函館開催だ。



今年の新春の集いも残すところ、

あと3か所となった。







2)東京知事選挙

昨日の東京都知事選挙では、

脱原発を強く訴えた細川、宇都宮両氏が、

敗れる結果となった。



この結果によって、

東京都民は原発を容認したとの見方もあるようだ。



私にはそうは思われない。



結果的に、原発是非を回避した、

そんな選挙結果だったのでないかと思う。



東京都知事選挙の結果に関わらず、

原発のあり方については、

脱原発を視野に虚心坦懐に議論を続けなければならない。



特に細川、小泉、宇都宮の三氏には、

今後とも連携して脱原発の取り組みを進めて欲しい。







3)教育が不安定に…

昨日の新春の集いでも、指摘があったが、

安倍総理の教育政策が完全に暴走している。



今すぐに、さらに直接に、

国民生活に影響を及ぼす問題ではないだけに、

国民の皆様の危機感は必ずしも高くはない。



だか今、総理がやろうとしていることは、

教育の大事な心を忘れているうえ、急ぎすぎだ。



====



安倍総理の教育議論の舞台は三つだ。



自民党「教育再生実行本部」、

総理が教育政策ブレーン会議と位置づける「教育再生実行会議」、

文科大臣の諮問機関「中央教育審議会」。



====



教育議論のポイントは次のとおりだ。







教育委員会制度の再編



教育の最終責任者を教育委員長から首長に変更







大学入試制度は、

新制度「達成度テスト」(仮称)に移行







全国学力テストの学校別結果は、

来年度から教委の判断で開示可能







道徳を「特別の教科」に格上げし、

将来的には民間の検定教科書を導入する方針







教科書検定基準を改定し、

社会科の近現代史の部分に日本政府の正式見解を記載





====



こんな議論が矢継ぎ早に進んでいる。



しかもこの取り組みの核心部分、

意味するところが、

国民の皆様にほとんど共有されることなく進んでいる。



とにかく急ぎすぎだ。



安倍総理の目指す教育の背景には何があるのか。



====





教育への政治介入が強化される





考える力、生きる力など個性の尊重から、

国家の価値が前面に出た教育





特に個々人の価値観に関わる課題に対して、

政権の意向を強要する恐れ



====



国家100年の大計を思うとき

安倍さんの教育観は、極めて狭小で、

単一の価値観に染める危うさがある。



もっと懐深い教育議論が必要だ。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・2・10

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください