2月13日 その2366『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.02.13



札幌の朝は曇っている。



今の気温は、氷点下3度程度。



ちょっと高めの気温だ。



昨日、札幌市内で、

道内の運輸関係の事業者と

労働組合の皆さん合同の会合で

講演を行った。



労使が同じ会場で、勉強をするのは珍しいことだと思うが、

大勢の皆さんに、話をお聞きいただき有り難く思う。







1)やはり

民間事業者の皆さんから、

日本も武器輸出をしたいとの圧力がいつも寄せられる。



しかし日本には、武器輸出三原則があるからダメと、

それの要望を排してきた。



ところが昨年、安倍総理が武器輸出三原則の見直し検討に言及したところ、

昨日、防衛産業でつくる

経団連防衛生産委員会の岩崎啓一郎総合部会長代行が、

事実上の禁輸政策だった武器輸出三原則の

改善案を提言した。



防衛装備品について他国との共同開発に限らず、

国産品の輸出を広く認めるべきだとし、

国際競争に勝ち抜くため、

政府内に武器輸出を専門に扱う担当部局を設けるよう求めた。



平和主義を掲げる日本が、

武器輸出をすれば、平和主義は骨抜きだ。



平和と言いつつ、死の商人に成り下がるのか…、

日本の正念場だ。







今日は、湯川で朝の街宣を行う。



そのため、早朝から

函館への移動を開始する。



今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・2・13

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください