2月14日 その2367『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.02.14



函館は今朝も雪は降っていない曇りだ。



気温は、氷点下6度位で、夜明けに向かって、

さらに1,2度下がる見込みだ。



今日も地元を走り回る。







1)新春の集い

本年、11か所目となる新春の集いを、

昨夜、福島町で開催させて頂いた。



佐藤町長さんをはじめ、

多くの皆さんに出席頂き、

本当に有り難く思う。



参加された方々からは、

力強い激励の声をたくさん寄せて頂いた。



また安倍政権に関する懸念を数多く聞いた。



麻生副総理の予算員会での態度が悪いとの声が、

多く出された。



皆さんは、国会を本当によく見ているものだと思う。



麻生さんの行いを反面教師としなければならない。



====



議会OBの方の、

次の締めの挨拶が秀逸だった。



====



安倍さんはウマどし生まれ。



馬の部下には、たくさんの鹿がいる。



しかも馬は人の話を聞かない。



李白は、そんな人に、馬耳東風と詩を贈ったが、

結局は馬の耳に念仏だった。



数の力に頼むものは、

数の力によっていずれ滅ぼされる。



逢坂さんは、数の力に頼らずに、

自分の信じた道を確実に歩いて欲しい。



そうすれば結果は、おのずと付いてくる。



====



ユーモアと含蓄のある挨拶だった。



私に対して、

こんな挨拶をして頂けることを本当に嬉しく思う。







2)法人税

昨日の政府税調で、

法人税率の引き下げが議論され、

引き下げに賛成する意見が多かったようだ。



法人税の引き下げは、総理も強く主張している。



その引き下げの財源として、

所得増税や消費税なども上がったらしい。



====



私は、法人税の引き下げには、

相当な違和感がある。



法人実効税率の低い国を足並みを揃えることによって、

企業の海外流出を防ぐことが目的と説明されるが、

法人税の引き下げで本当に、流出抑制につながるのだろうか。



企業は、地価や人件費、原材料調達のし易さなど、

さまざまな要素を総合的に判断して、

海外進出をしているものと思う。



法人税が下がって、

国内に留まると判断する企業は少ない印象がある。



====



また担税力の観点からも、疑問に思う。



この10年あまり、個人所得が下がり、

法人所得が上がっている。



この点からすれば、

個人課税を軽減し、

法人課税を強化するのが筋だ。



その意味で、消費増税は心苦しい限りだ。



そんな中で、法人課税を引き下げることは、

的外れと感ずるのだが、政府税調や総理には、

そうした感覚はないのだろうか。







3)立憲主義

安倍総理の12日衆院予算委員会での答弁が

与党内でも問題となっているようだ。



安倍総理は、

集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更をめぐり



「(政府の)最高責任者は私だ。

 政府の答弁に私が責任を持って、

 その上で選挙で審判を受ける」



と述べた。



====



集団的自衛権に限った発言とはいえ、

これは冷静さを欠いた発言と言わざるを得ない。



総理の判断で、解釈改憲が可能になり、

その是非を選挙で問うということになれば、

国民の自由や権利を守るため、

権力政府を縛る憲法の立憲主義の否定になる。



そもそも総理は、

憲法99条をどう理解しているのか。



憲法99条

天皇又は摂政及び

国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、

この憲法を尊重し擁護する義務を負う。



総理には、憲法を尊重し擁護する義務が課せられている。



したがって憲法改正には慎重姿勢を示すのが原則だろう。



しかし安倍総理は、積極的に改正に言及するばかりか、

解釈による事実上の改憲に言及した。



憲法を尊重し、擁護する義務に反するばかりか、

自らが憲法に縛られているという自覚が全くない。



選挙で審判を受ければそれで事足りると考えているのであれば、

一般の法改正と何ら変わりがなくなってしまう。



総理は、

国家運営の基本的仕組みを理解していない。



こんな総理のもとでは、

国家がどんなところに導かれるのか、

極めて不安な状態だ。







今日も朝のうちに街宣を行い、

地元活動に精を出す。



夜は、鹿部町で新春の集いが開催される。



今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・2・14

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください