2月19日 その2372『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.02.19



函館は、今日も雪が降っていない。



各地から雪害のニュースが入るが、

それに比べると函館は穏やかだ。



朝4時頃の気温は、マイナス7度程度。



日中はかろうじてプラス1度になるとの予報だ。



今日は雨水(うすい)だ。



空から降るものが、

暦の上では、雪から雨に変わり、

雪解けが始まる…、そんな雨水だ。







1)確定申告

今年も確定申告の時期がやってきた。



例年、

早く準備をしなければと思うのだが、

いつも直前になってしまう。



原稿料など収入と経費、

それぞれの資料を準備し、

電子申告をする予定だが、

事前の資料整理が厄介だ。



====



公的個人認証も、

昨年末に更新した新しいPCに

認証ソフトなどをインストールして準備する。



ところが、公的個人認証の期限が切れていた。



個人認証の有効期限は3年。



いつも感ずるのだが、

3年はあっという間に過ぎてしまう。



市役所で、

新たな認証手続きをしなければならない。







2)原発

福島第一原発の現状を伝えるニュースが

圧倒的に減っている印象を受ける。



汚染水が漏れても、

配管が凍結で破裂しても、

小さなニュースとしてしか伝わらない。



福島第一原発の現状は改善されてはいない。



しかし、ニュースから国民が受ける

福島第一原発の印象は薄くなっている。



あの事故は、いまだに続いている。



私たちはそれを絶対に忘れてはならないのだ。



我々の敵は、放射線と同時に、忘却だ。



====



東京電力が発表する

福島第1原発の事故直後から昨年10月までの、

発表数値が過小だった可能性が出ている。



汚染水のストロンチウム90など

ベータ線を出す放射性物質の濃度を

過小評価して公表していたらしいのだ。



しかし、こうしたニュースも、

衝撃を持って伝えられることが亡くなった。



新聞活字にはなっているが、

テレビニュースでは、静かな伝え方だ。



====



そして事態はさらに深刻になっている。



東電の13日の発表では、

地下水から1リットル当たり13万ベクレルの

放射性セシウムが検出されたことを明らかにしている。



これは地下水のセシウム濃度としては過去最悪だ。



地下水から検出されたのは、

セシウム134が1リットル当たり3万7千ベクレル、

セシウム137は9万3千ベクレル。



セシウ137の法定基準は、

1リットル当たり90ベクレルだが、

いずれもそれらとは比較にならないほどの高濃度汚染水だ。



====



こうした福島第一原発の現状を、

どれほどの国民の皆様が重く受け止めているだろうか。



報道の責任は重い。



我々の敵は、忘却であることを、改めて痛感する。







3)ドクダミ

子どもの頃、腹の具合が悪くなると、

煎じたゲンノショウコを飲まされた。



ゲンノショウコは、家の周辺に、結構生えていた。



それを刈り取って、束ねて軒先につるして乾燥させる。



乾いたゲンノショウコを、適宜、煎じて飲む。



ドクダミも、同じようにして乾燥させて煎じる。



====



食あたりなどで下痢をすると

ゲンノショウコを飲まされた。



下痢が良くなったあとも

ドクダミなどを飲まされるのだが、

いずれも苦くて、嫌で仕方がなかった。



ゲンノショウコやドクダミは、

日本薬局方にも載っている

効能の明らかなものだ。



最近、あの味が懐かしくなって、

ドクダミを手元において、

お茶代わりにしている。



あれほど嫌だったドクダミだが、

子ども頃に味わったものが、

懐かしい思い出となって甦っている。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・2・19

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください