2月27日 その2380『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.02.27



函館は、今朝も穏やかな夜明け前だ。



今の気温は氷点下3度、

日中は7度にまで上がる見込みだ。



春が近づいている、そんな雰囲気に満ち溢れている。







1)立憲主義が壊される

アメリカの新聞「The New York Times」が、

社説で安倍総理を批判している。



「War, Peace and the Law」と題する19日付社説だ。



http://www.nytimes.com/2014/02/20/opinion/war-peace-and-the-law.html?_r=0&referrer=



== 以下、概要 ==



安倍総理は、

正式な修正によらず、彼自身の解釈で、

日本国憲法の基本理念を開始する暴挙に出ようとしている



安倍氏は、同盟国と協力し

日本の領土外で攻撃的な活動を可能とする法律を

成立させたがっている。



彼は日本国憲法の平和主義を否定する。



内閣法制局は、権力の乱用を防ぐため

法律の合憲性を監視する機関。



法制局に圧力をかけるため、

法制局長官に部外者の小松一郎を指名。



小松は集団的自衛に同調する外務省官僚だった。



安倍氏の選んだ専門家の集団は、

この問題に対する報告書を4月に発表し、

安倍氏を後押しするだろうと見られている。



安倍氏は国会で、

国民は次の選挙で彼に審判を下すこともできると発言した。



それは立憲主義の誤った見方だ。



安倍氏は当然、

日本国憲法を改正する動きに出ることもできる。



その手続きが面倒すぎるとか、

国民に受け入れられないといったことは、

法の支配を無視する理由にはならない。



安倍氏が自らの見解を押し付けることに固執するのなら、

最高裁は安倍氏の解釈を否定して、

どんな指導者でも個人の意思で

憲法を書き替えることはできないことを明らかにすべきだ。



==以上、概要終了==

(参考までに欄外に原文を添付する)



安倍総理が同盟国と強調するアメリカの新聞にも、

ここまで批判されているのだ。



総理は立憲主義を蔑ろにしている自分のことを、

もっと客観視する必要がある。



日本の憲法も、

立憲主義も安倍総理によって、

壊されてしまう。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・2・27

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/





== 以下、社説原文 ==





War, Peace and the Law



By THE EDITORIAL BOARD

February 19, 2014



Prime Minister Shinzo Abe of Japan is getting dangerously close to
altering a cornerstone of the national Constitution through his own
reinterpretation rather than by formal amendment.



Mr. Abe wants to pass a law allowing the Japanese military to act
offensively and in coordination with allies outside Japanese territory,
even though it is accepted that the Constitution allows only a defensive
role on Japanese territory. He has moved aggressively to bolster the
military after years of cuts. And, like other nationalists, he rejects
the pacifism exemplified by an article in the Constitution.



“The Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the
nation and the threat or use of force as means of settling international
disputes,” it states. Successive governments have agreed that a
constitutional amendment would be required before the Japanese could
take a broader role. The civil servants of the Cabinet Legislation
Bureau in the Office of the Prime Minister, which checks the
constitutionality of new laws to prevent the abuse of power, have agreed
with this interpretation.



To help push the bureau to reverse that position, Mr. Abe broke normal
procedure in August and appointed as the agency’s chief an outsider,
Ichiro Komatsu, a Foreign Ministry official sympathetic to the idea of
collective defense. A group of experts picked by Mr. Abe is expected to
back him up when an opinion on the matter is released in April. In
Parliament recently, Mr. Abe implied that the people could pass judgment
on him in the next election, but that is an erroneous view of
constitutionalism. He could, of course, move to amend the Constitution.
That he finds the process too cumbersome or unpopular is no reason for
him to defy the rule of law.



If Mr. Abe were to persist in forcing his view on the nation, the
Supreme Court, which has long abstained from taking a position on the
Constitution’s pacifist clause, should reject his interpretation and
make clear that no leader can rewrite the Constitution by personal
will.





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください