3月1日 その2382『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.03.01



今日から3月だ。



昨日の函館の天候は、

一気に春らしい感じになった。



今朝の最低気温は氷点下4度。



日中は3度程度になる見込みだ。







1)STAP細胞

STAP細胞の論文に関し、

無断引用や論文の誤りなどが指摘されている。



真偽は、分からないが、

こうした指摘があることは何とも残念だ。



もの凄い発見だけに、

何としても色々な懸念を晴らして、

スッキリした方向になって欲しい。







2)やはり

与党の幹部が、

原子力規制委員会について

「ちょっと常識から外れているのではないか」と述べ、

原発の安全審査に時間がかかりすぎだと批判している。



「いつ原発が再稼働できるのかはっきりしないので

 (電力)会社の存立が危なくなっている」



安全審査について

「一生懸命議論されるのは当然のことだ」としつつも、

「エンドレスの作業をしている」とも語っている。



結局は、キチンと安全を審査することよりも、

とにかく稼働したい・・・、

そんな思惑が透けて見える。







今日は新月だ。



今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・3・1

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月1日 その2382『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください