3月7日 その2388『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.03.07



昨日も、衆院会館で、

国会エネルギー調査会準備会などに出席のため

都内で活動をした。



今朝の都内の気温は、氷点下1度程度。



零度を下回るとさすがに寒さを強く感ずるが、

函館は氷点下7度程度であり、

寒さの質は全く違っている。







1)事故原因

昨日は、国会エネルギー調査会準備会で、

東電や原子力規制庁から話を聞いている。



元国会事故調査委員会委員の田中三彦さんからも、

話を伺った。



====



田中さんは、事故原因について、

いくつかの要因を列挙して、

地震が引き金になった可能性を否定できないとしている。



ところが東電は、津波が原因と明言している。



事故から3年が経過するが、

未だに事故原因は明確ではない。



さらに規制庁は、

事故原因究明の中であっても、

再稼働の規制内容に重要な影響を与える事象が出ない限りは、

淡々と再稼働の過程に進む意向を示した。



事故原因がハッキリしなくても再稼働する方向との意味だ。



こんなことでは、私は納得できない。



東電、規制庁の話を聴いていると、

とにかく再稼働したくて仕方がない・・・、

そんな風に聞こえるのだが、

これはうがった見方だろうか。







2)馬耳東風

安倍総理は、うま年の生まれで今年は年男だ。



====



内閣法制局の阪田雅裕元長官が昨日、

日本記者クラブで会見し、

憲法の解釈変更で集団的自衛権の行使を認めようとする

安倍総理を強く批判している。



====





(改憲)手続きが面倒くさいから

解釈(変更)というのは憲政の王道では決してない





(解釈の変更を)

解釈の域を超えている。無視に近い





(内閣法制局は)

理屈をしっかりと申し上げることができるか

どうかが全てだ。そこが失われたら、

法制局が国会でなにを言おうと

『政府の使い走りをやっているだけだ』と見られてしまう



====



こんな話をしている。



法治国家としての根幹に関わる基本に関し、

総理は間違っていると批判しているのだ。



つまり政策が良いか悪いかの批判ではなく、

法治国家としてのルールに反していると指摘しているだ。



しかしうま年生まれの総理の対応を見ると、

馬耳東風、馬の耳に念仏状態になっている。







今日は都内から、いったん帰函して仕事。



その後、札幌で講演、

さらに帰函し、函館で講演と、

慌ただしい移動が続く。



そのため日の出前に、都内から移動開始だ。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・3・7

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください