3月8日 その2389『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.03.08



昨日は、強い冬型の悪天候。



特に函館空港は終日、

離着陸が難しい強風と視界不良が続いた。



こんな条件の悪い日なのだが、

移動の多いタイとな日程が組まれていた。



====



朝、東京を出発して午前、函館で仕事。



しかし函館空港上空で

飛行機が1時間も待機の後、

やっと着陸。



市内で予定の用務を行って、

再度、函館空港から新千歳空港に向かう予定。



====



しかし私が搭乗予定の機体が、

やはり悪天候で函館空港上空で待機。



結局、30分近く遅れて新千歳空港到着。



札幌市内で予定の講演は30分遅れて開始し、

終了も30分延長。



====



今度は、丘珠空港から函館空港に戻る予定。



だかこれまた函館空港の天候不良で、

私の登場予定機が、結局、丘珠には、

40分近く遅れて到着。



40分遅れのまま、

函館に着陸できない場合は、

丘珠に引き返す条件付きで離陸。



夜は、朝とは違って

運よく一瞬だけ函館空港が晴れて、

定刻より40分遅れて着陸。



結局、函館市での講演も30分近く遅れて開始。



====



30分のずれというスケジュール変更があり、

関係者の皆さんには、

随分とご心配、ご迷惑をおかけした。



しかし、なんとか三つの案件に対応することができた。



移動距離も長く、

待機の時間もあり、さすがに今朝は、

ちょっと疲れが残っている。



しかし今日も街宣や地域回りが続く。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・3・8

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月8日 その2389『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください