「フクシマを忘れない!さようなら原発北海道集会in道南」

掲載日:2014.03.11

3月11日(火)函館市競輪場テレシアターに伴英幸 原子力資料情報室共同代表を迎え、「フクシマを忘れない!さようなら原発北海道集会in道南」が開催されました。

伴代表が「安倍政権の原子力政策を斬る」というテーマで講演後、逢坂誠二と脱原発社会の実現に向け、対談を行いました。伴代表からこれからの課題として、電力のシステム改革と原発を再稼働させないこと、脱原発社会への移行は、まず原発ゼロという基本方針を決めることが重要との指摘がありました。参加された市民の皆さん約300名と脱原発社会実現について考える大変有意義なシンポジウムとなりました。

企画いただいた道南地域平和運動フォーラムの皆さんをはじめ、実行委員の皆さん、ご参加いただいた皆さんに感謝申し上げます。