3月23日 その2404『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.03.23



昨日は都内での用務に対応し、

今日は札幌で講演のため、

札幌に移動する。



都内の朝の気温は5度程度だが、

函館も札幌も朝は氷点下5度程度。



同じ春とはいえ、様相が随分と違っている。







1)忘れない

特定秘密保護法が成立して三か月以上が経過した。



憲政史上まれにみる異常な国会運営の中で、

強制的な審議と採決によって、

稀代の悪法が、昨年末、成立させられてしまった。



成立当初は、多くの皆さんが、

この法律の問題点を口にしたが、

時間の経過とともに、私たちの記憶から、

この法律が忘れ去られる恐れがある。



忘却させること、

これが安倍総理らの目論見なのかもしれないが、

私たちは、憲法の精神にも反する

この法律の問題点を絶対に忘れてはならないし、

この法律を廃止させるために力を注がねばならない。



====



秘密保護法は、基本的人権の多くを侵害する。



「知る権利」が阻害されると指摘されるが、

それが侵されれば、

それと表裏一体の「表現の自由」が大きく制約されることになる。



知ってはいけないものがあるということは、

それを喋ってはいけないことにもなる。



表現の自由は、基本的人権の中でも、

優越的なものだ。



表現の自由が侵されると、

時の権力を言論によって

合法的に批判できなくなる可能性があり、

そうなれば国民を権力の横暴から守ることができなくなる。



表現の自由は、とてもとても大切な基本的人権なのだ。



この法律の審議の中で、恐ろしいことも想定された。



何が特定秘密か分からないまま

身柄を拘束される可能性があることは、

どんな行為が罰になるのかを明確にする

「罪刑法定主義」にも反することになる。



====



特定秘密保護法によって、

国民主権も壊されてしまう。



民主主義の原動力は情報だ。



適切な情報の開示公開があって、

主権者である国民は、まっとうな判断ができる。



しかし、特定秘密保護法によって、

政府が都合の悪い情報を隠せば、

国民は判断の根拠を失ってしまう。



国民主権から

政府主権、国家主権に軸足が移りかねない



====



特定秘密保護法は、三権分立を壊してしまう。



特定秘密を決めるのは、内閣であり、

国権の最高機関である国会の関与は薄い。



裁判になっても、

裁判の対象になっている秘密を

開示できないまま裁判が進むケースも想定される。



そうなれば内閣の一人勝ち状態だ。



国会に監視機関を設置することが検討されているが、

秘密の提供の可否は政府が決める以上、

骨抜きの組織になる可能性が強い。



特定秘密保護法は、

行政の権限を肥大化させ、

国会を無力化し、裁判所の機能も阻害する。



三権分立のバランスを大きく変化させることになる。



====



基本的人権、国民主権、三権分立、

これらを脅かす特定秘密保護法は、

なんとしても廃止しなければならない。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・3・23

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください