4月4日 その2416『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.04.04



昨日は、早朝の市場回り、

街宣、事務所での打合せ、

函館市内の挨拶回りを行った後、

午後から札幌市内での会合に出席した。



そのため今日は、札幌市で朝を迎えた。



====



夜明け前の札幌は、

空全体に雲が広がっている。



気温は4度程度のようだ。







1)大間原発

昨日、電源開発(Jパワー)が大間町に建設中の大間原発をめぐり、

函館市は、原発の建設中止や

原子炉設置許可の取り消しを求め東京地裁に提訴した。



自治体による原発差し止め訴訟は初めて。



====



函館市は津軽海峡を挟んで大間原発の対岸、

最短で23キロの場所に位置する。



市の一部は、

30キロ圏の防災対策の重点区域(UPZ)に入る。



市は、

「万が一、大間原発で過酷事故が発生すれば、

27万人超の市民の迅速な避難は不可能。

市が壊滅状態になる事態も予想される」と訴え、

「市には、市民の生活を守り、

生活支援の役割を担う自治体を維持する権利がある」と主張。



立地市町村とその都道府県には、

建設に対する同意手続きがあるが、

函館市にはないことを問題視している。



同意手続きの対象に30キロ圏の函館市も含めるべき、

国が2008年4月に出した大間原発の原子炉設置許可は、

福島原発事故前の基準で不備があり、許可も無効と指摘。



====



大間原発は、

使用済み核燃料から取り出したプルトニウムと

ウランを混ぜたMOX燃料を100%使う

世界初の「フルMOX原発」だ。



万が一の事故の際の危険度は、

通常の原発の比ではないという。



Jパワーは、これまで原発を建設し運転した経験がない。



====



私は、この函館市の取り組みに大いに賛同し、

できる限りの支援をしたいと考えている。







今日は、早朝の列車で長万部に入り、

そこからせたな町に向かう。



今日と明日、終日、

せたな町内で挨拶回りを行う予定だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・4・4

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください