4月5日 その2417『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.04.05



今日は、

せたな町で朝を迎えたが、

窓を開けて驚いた。



一面の雪だ。



雪の量は多くはないが、

多少の吹雪模様になっている。



油断して夏靴のままだが、

いつものことながら4月の北海道は、

まだまだ油断がならない。



せたなの朝の気温は零度。



午前中は雪で5度程度までしか、

気温が上がらない。







1)せたな町

昨日は、朝からせたな町を

福原賢孝道議と一緒に歩かせて頂いた。



せたな町は、

北桧山、大成、瀬棚3町の合併自治体で、

その区域は広い。



昨日、朝から夕方まで、北桧山地域を歩いたが、

知り合いなど百軒程度しか回ることができず、

あちらにも行きたい、こちらにも行きたいと思っても、

なかなかままならず、申し訳なく思っている。



今日は、大成地域と瀬棚地域を回る予定だが、

予定地域全部も回ることは叶わないと思われるうえ、

気温も低く、厳しい地域回りとなりそうだ。







2)原子力協定

トルコへの原子力輸出の前提となる、

原子力協定が昨日衆院本会議で可決された。



原子力ゼロを目指す方針と

原子力輸出は矛盾するなどの理由から

過日の民主党北海道連合会常任幹事会で、

協定に反対する旨の文書を

党本部に提出することを

横路代表の発案によって決定した。



この協定については、

私のみならず多くの議員のもとにも

反対の声が寄せられて、

常任幹事会では全会一致での了承だ。



====



ところが昨日の衆院本会議での採決に際し、

横路代表は賛成をしたという。



党として統一が求めらる場面が多いことは理解するが、

今回の件は、横路代表の発案によって

反対の文書も提出しているものであり、

せめて欠席すべきだった。



それがまさか賛成に転ずるとは信じられない思いだ。



今後、防衛問題などで、

党本部と民主党北海道の政策に齟齬が生じかねない懸念があるが、

今回の横路代表の対応は、今後の問題にも影を落とすことになる。



私は、政策を担当する副代表の役割を頂いているが、

こんな状況ではこの役割を全うすることは難しく思われる。







3)安倍政権の経済政策

北海道経済団体連合会の

近藤龍夫会長のインタビューが目に留まった。



4日の北海道新聞朝刊に掲載のものだ。



== 以下、抜粋引用 ==



 ――「アベノミクス効果」をどう評価しますか。



強烈な円安で輸入燃料が上がりました。



財政出動ではどんどんお金を刷り、

カンフル剤的な景気回復が比較的長く続いている

(財政破綻の危険性が高まる)恐ろしい状況。



公共工事への投資は、生産力を生むのならいいが、

アベノミクスの3本目の矢(成長戦略)につながる投資ではない。



空洞化した産業の回復は容易ではありません。



失われた20年のつけが出て、

これからの10年、20年は危機的な状況になるでしょう。



== 以上、抜粋引用終了 ==



道経連の会長がアベノミクスに対し、

こうした評価をしていることは極めて需要なことだ。



国内だけを基盤にした経済活動をせざるを得ないものから見ると、

アベノミクスなるものは、極めて危うい経済政策なのだ。



== 以下、さらに抜粋引用 ==



 ――日本の針路について考えを。



これからは環境技術、省エネ技術、食と観光が重要になる。



特に『食』は日本に素晴らしい技術がある。



食を成長産業になぜ取り入れないのか。



日本人は付加価値をつけることを得意としています。



その分野を北海道が引き受けるべきです」





 ――道経連は「食」にこだわっていますね。



『食』を本格的な輸出産業にし、

成長著しいアジアの食市場や、

未開拓のイスラム圏の食市場を獲得する。



食産業、観光産業の発展は、

ものづくりなど周辺産業に刺激を与え、

雇用、税収の増加で働く人が安心して暮らせる。



この理念だけは絶対に失わないでほしい。





 ――道内の現状をどう分析していますか。



自立発展的な経済対策の確立という

抜本策が打たれていません。



今の道庁は歳入の不足分を借金し、

行政サービスを減らす、

その場しのぎの『火事場の火消し』を続けている。



知事が掲げる重点テーマ、優先課題には、

限られた人材、予算を優先的に配分すべきです。



今は予算が硬直化しており、

将来の税収増を期待できる

投資型の予算計上が難しくなる懸念がある。





 ――観光への取り組みにも不満があるようですね。



『観光は北海道経済発展の柱』とうたいながらも、

道の観光予算は近年は約6億円と低い水準です。



選択と集中を念頭に、

メリハリをつけた予算編成を大胆に行ってほしい。



観光は経済的に即効性があり、

20億円もあればすぐに効果が出せる。



観光は食と表裏一体。



観光と食を上手に使えば、

両方がハッピーになり、産業をリードできる。



観光に限らず、思い切った行財政改革で

(投資効果の薄い予算配分など)

『潜在する財源』の発掘に取り組むべきです。



== 以上、抜粋引用終了 ==



この近藤龍夫会長の指摘には、

全面的に同感だ。



「自立発展的な経済対策の確立という

抜本策が打たれていません。」と指摘し、



道政を「火事場の火消」と批判しているが、

これは極めて的確な指摘だ。



一昨日の北海道財政に関する勉強会の席上でも、

同様の意見が出された。



また観光予算に関する指摘も全く同感だ。



財政が厳しい中で、

批判を避けるための、

予算一律削減では、

仕事に対する意欲が湧かないばかりか、

予算投下効果も薄れるだろう。



====



近藤龍夫会長には、

北海道のフードコンプレックス特区指定の際にも、

実に熱心に話を聞かせて頂き、随分とお世話なった。



近藤会長の指摘を

真摯に受け止めねばならない。







今日は、せたな町回りを続けた後、

夜は函館市内での会合だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

      2014・4・5

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください