4月11日 その2423『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.04.11



今日も都内で仕事だ。



今朝の都内は雲の少ない朝を迎えた。



朝の気温は7度程度。



日中は20度近くまで気温が上がる。







1)地域

昨日、気仙沼在住の方や、

地域資源を活用し、

その恩恵を地域に還元することで

地域活性化を目指す方などと懇談した。



日ごろ私が考えていることが裏付けられたような話で、

極めて充実した時間を過ごすことができた。



====



気仙沼など被災地の復興は簡単なことではない。



特に地域の将来像は、

相当な胆力と知恵の集中がなければ、

簡単に描くことはできない。



土地の嵩上も、

確かにお金と土があればできるだろう。



しかし嵩上後の用地の形状は、

たぶん被災地の皆さんにとっては、

想像をはるかに超えるものとなる場合もある。



土地所有権の確定にも相当な困難が伴うだろう。



こうした苦労を経たのちに用地が確定し、

その後、やっと建物などの整備が進む。



机上で文字にすれば、

簡単なことのように思われるが、

現実には気の遠くなる作業だ。



津波被災地、

さらに原子力被災地の現状はいかなるものか。



私たちは、想像力を失ってはならない。



====



被災地だけではなく

地域づくりは、なかなか骨の折れる、終わりのない作業だ。



全国各地を見て歩くと、地域づくりの難しさゆえに、

心が折れている、そんな場面に遭遇することもある。



しかし昨日の地域資源を地域で活用し、

地域でお金を回す…、

こんな取り組みをされている方の話は、

迫力があった。



とくに地域活力の原点は、

林業だと強く指摘していたが、

共感する部分が多い。



北海道にも下川町の例がある。



林業を基本にして、環境問題を考え、

町外から多くの人材が流入している。



一方、どんなに大規模な製造業の事業所が存在し、

多くの従業員が働いていても、

その事業が地域に根差したものでない限り、

その存在は金だけに依拠した空疎なものになり兼ねない。



その事業を取り巻く外的要因が変化しただけで、

その工場は一気に衰退しかねないのだ。



たとえば三重県に、

かつて世界最高水準の

テレビ液晶工場が完成したことがあったが、

完成した時期にはすでに世界で競争力を失うという、

グローバル経済の荒波にもまれて衰退してしまった。



つまり地域を元気にするためには、

単に金だけに強く依拠したものではダメなのだ。



地域に根差した金の動きを念頭に置く必要がある。



====



地域づくりには、胆力と想像力、

さらに楽しさが必要だ。







昨日は、

極めて元気な方々にお会いして、

大きな刺激を頂いた。



本当に有り難く思う。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・4・11

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください