4月16日 その2428『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.04.16



夜明け前の奥尻の空が、

徐々に明るくなってくる。



西の水平線上に満月を過ぎた大きな月が、

淡い雲のなかで赤く光っている。



奥尻の日の出は、午前5時1分。



交通安全の旗が、

真横にバタバタとはためくような強めの風は吹いているが、

空には雲は少なく、終日、晴れの予報だ。



朝の気温は5度程度、

日中も7度位までしか上がらない見込みだ。







1)奥尻

昨日、午後のフェリーで、

福原賢孝道議とともに奥尻にお邪魔した。



昨日から3日間、奥尻島内で、

私のニュースなどを配布しながら挨拶に歩く。



昨夕は、数名の皆さんと

お茶の間懇談会もさせて頂いた。



ひとり暮らしのこと、消費税、公園の草刈、

道営住宅のこと、日常の買い物など、

身近な話題に花が咲いた。



後半私から、集団的自衛権や

憲法の話をした。



すると皆さんは、驚いたように、

そんなことになっているのかと、

異口同音に意義を唱えた。



特に武器輸出と大間原発には、

強く反対と言い切っていた。



「普段、そんな話をしてくれる人もいないし、

テレビを見ても良く分からない。」



こんな話をされる方もいた。



やはり、少人数であろうとも丁寧な話し合いが、

大変重要であることを認識する。



20年前の夏から、

多くの皆さんのご支援で、

私はお茶の間懇談会を始めた。



今、改めてその活動を強化したいと考えている。



====



昨日のフェリーは、結構揺れた。



カーペットの席で、ゴロリと横になって江差港を出発したが、

10分もすれば、体が左右に振られる状態になった。



沖合では、床に放置した枕がずり動くほどの揺れになったが、

予定通り15時30分には、奥尻港に到着した。



今日も終日、島内を走り回る。







2)八百長以上

自民党の村上誠一郎衆議院議員の発言に注目が集まっている。



雑誌「世界」の最新号やテレビ番組で、

安倍総理の姿勢を批判し、まさに正論を述べておられる。



== 以下、BS-TBSでの発言抜粋引用 ==



憲法解釈の最終的な責任の所在は司法にある。



立法府や行政府がやるべきことは、

最高裁から違憲と判断されないような法をつくり

解釈して運用することだけだ。



自らが解釈して法をつくれば言葉はよくないが、

八百長以上のものだ。



行政府が法解釈して自分で勝手にやれば、

立憲主義を否定することになるから私は反対している。



国家安全保障会議(日本版NSC)はできたが、

(日本に)諜報機関はない。

アメリカなど他国の情報に頼らざるを得ない。

誤った情報で戦闘に引きずり出されたら、

誰が止めることができるか。



集団的自衛権の問題を

憲法9条に関してしか考えていないかもしれないが、

閣議決定で憲法解釈が変えられる手法が通れば、

例えば主権在民や、基本的人権の尊重などにも及ぶ。



憲法自体の存在意義がなくなる

非常に危険な状態になることを心配している。



== 以上、抜粋引用終了 ==



この村上衆議院議員発言には、

全く同感だし正論だ。



安倍総理は、なぜこんな当たり前で

かつ基礎的なことが理解できないのか、

私には、まったく驚きの現実だ。



元衆議院議長の河野洋平氏も、

同趣旨の発言をしている。



安倍総理の駄々っ子のような暴走を止めなければ、

法治国家としての日本が崩壊しかねない。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・4・16

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください