4月17日 その2429『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.04.17



今日も、奥尻で朝を迎えた。



夜明け前の空に雲は少ない。



昨日と違い、風は弱い。



夜明け前の気温は7度程度だが、

日中もそれほど気温が上がらない見込みだ。







1)歩く

昨日は、奥尻町内を福原賢孝道議とともに

朝から夜まで、まさに足で歩かせて頂いた。



色々な方にお会いし、

様々なご意見を伺っている。



=====



原発には絶対反対。

特に大間は稼働させてはならない



奥尻の人口減少をどう止めるか



公共事業が減り困っている。

(反面、公共事業で地域は良くならないの意見も)



魚価を上げる工夫、付加価値をつける工夫、

奥尻に水揚げさせる工夫などが必要



老朽化した役場庁舎、町立病院をどうすべきか



福祉や公務分野の人材確保について



====



以上をはじめ多くの意見を伺った。



夜の活動報告会では、

憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認、

武器輸出三原則の放棄などについて説明すると、

多くの皆さんが驚いた様子だった。



日常生活に直接関係のある問題ではないだけに

普段は切迫した危機感を持ち難い課題だ。



しかし冷静に考えると、

日本のあり方を根底から覆す大問題であることに

多くの皆さんが気づいて下さった。



やはりこうした丁寧な話し合い、

意見交換が重要なのだと痛感する。



====



訪問する先々で、激励も頂いた。



安倍政権のありように危機感を感じている方々からは、

絶対に逢坂さんが国政に必要、必ず復帰をとの、

意見も頂き、大きな勇気となった。



昨日一日で、

奥尻町の全域を回ろうと思ったが、

残念ながら時間切れとなり、

回りきることが出来なかった。



訪問予定の箇所にも行けず、申し訳なく思っている。



近いうちに、奥尻再訪をしなければならない。









今日は、朝のフェリーで、江差に向かい、

その後、帰函の予定だ。



韓国の旅客船転覆事故のその後、

大変に心配。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・4・17

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください