4月27日 その2439『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.04.27



昨夜遅く、所要のため、

レンタカーで大船渡入りをした。



夜明け前の気温は8度。



空には雲が無く、

岩手も函館と似たような雰囲気だ。



しかし昨夕、盛岡駅に降り立ったときは、

さすがに冬の厚手のジャケットが

鬱陶しいと感ずる気温の高さだった。



今日も岩手は、函館よりは、

若干気温が高くなるようだ。







1)メーデー

昨日は、函館市内千代台公園で開催された

メーデーに参加し、挨拶を行った後、

千代台、本町、梁川町付近を

1800人あまりの参加者の皆さんとともに、

行進させて頂いた。



====



函館市の大間原発建設凍結訴訟を支持し、

できる限りの支援をすること





労働者が簡単に切り捨てられ、

人ではなく部品扱いされつつある





教育に政府の価値観が押し込まれつつあること





憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認など、

立憲主義が壊され兼ねない状況になっていること



====



このような挨拶をし、

今年のメーデーは、

労働者には、

今までにない危機的な状況であることを強調した。



昨日は、この春一番ともいえるほどの良い天候で、

千代台公園の桜もほころび始めていた。







2)TPP

アメリカと日本のTPP交渉は、

やはり大筋で合意しているのだとの観測が強い。



しかし、あえて合意していない演出をしているのは、

今日の鹿児島での衆院補選への影響を避けるため、

との報道も一部に流れている。



だとすれば、それはあまりに姑息なことだ。



国民に全く情報も知らせず、

合意の到達度合いについても玉虫にする…、

これでは何のための、誰のためのTPPなのか、

全く意味が分からない。



====



そもそもTPPとは、

どんな国家を目指して、

どんな国民のあり様を目指して行うものなのか、

その議論が全く欠落をしている。



経済活動が、企業活動がしやすいなどの、

雰囲気が見え隠れするが、

本当のところはどんなことになるのか、

総理が目指す国とは、具体的にどんな国なのか、

その本当の姿が全く見えていない。



経済活動が活発化すれば、

自動的に国民生活が良くなるような雰囲気が漂っているが、

必ずしもそうならないということも冷静に受け止めるべきだ。



あらゆる政策に対する深謀遠慮が欠落している。







昨日の盛岡から大船渡までの約100キロの道のりは、

随所で、満開の桜を見ることができた。



本来であれば、いくつかの場所で車を止めて、

ゆっくりと桜を眺めたかった。



もちろん運転中の車窓からでも、

山あいの集落のそこかしこに

咲き乱れる桜の競演を楽しむことができた。



しかしもう少し、目的のない時間のなかで、

地域や場の雰囲気を

じんわりと味わう時間も欲しいものだ。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・4・27

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください