5月8日 その2450『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.05.08



昨夜、細川・小泉両元総理が中心になって
設立した

一般社団法人「自然エネルギー推進会」の設立総会に出席した。



原子力を巡っては、色々な考え方がある。



推進であれ、脱原発であれ、

原発に関してある考えを主張することは、

宗教的などと揶揄される場面もある。



推進の場合、原子力の安全性や使用済み核燃料処理、

さらにはプルトニウムの武器転用などに対して、

明確な根拠をもって推進を説明できないからだろう。



脱原発の場合も同様だ。



脱原発を唱えてはいても

エネルギーに対する明確な代替案を必ずしも出せていない。



それにも拘わらず

原発を止めることを主張するのは無責任だということだろう。



いずれも明確なことが言えないのに、

推進やゼロを盲目的に主張している。



こうした点が宗教的などと

揶揄されることに繋がっているのだと思う。



私は、こうしたことを理解しつつも

原子力ゼロ社会の構築に向けて、

私の残りの人生をかけたい。



====



推進にも原子力ゼロにも不透明な部分があるにせよ、

判断基準を何にするかを誤ってはいけない。



それは人の命であり、将来への責任だ。



原子力を推進すれば、電力がふんだんにあって、

経済も暮らしも、一見安泰なように見える。



しかし万が一の事故の際には何が起こるか、

そのことを私たちは3.11で、

嫌と言うほど思い知らされているのではないか。

(いや、本当の恐怖は、これからかもしれない。)



加えて将来への責任だ。



正常に使用を終えた原子炉を廃炉にするために

40年もの年月がかかると言われる。



その際に発生する高濃度汚染廃棄物の処理方法は決まっていない。



使用済み核燃料の処理方法も決まっておらず、

その処理には数万年単位の時間を要する。



決まっていないのは方法や時間だけではなく、

そのコストも未定だ。



今に暮らす私たちは、

そのツケを将来に先送りして、

電力の恩恵を受けている。



====



脱原発や原発ゼロを唱えるからには、

将来への明確な道のりを示せという。



その道のり、代替案を示さずに

脱原発を唱えるのは無責任だという。



一見、この指摘も正しそうに思われるが、

人の命と将来への責任を欠いた原発推進、

どちらが無責任なのだろうか。



今、私たちが暮らす社会は、

あらゆる分野が原子力の推進を前提とし、

原子力を支える仕組みになっている。



エネルギー分野も、財政も金融も、

さらには自治体への政策も、

あらゆる社会の仕組みが原発推進を前提にしているのだ。



こんな社会の中で、

原発ゼロへの道のりを明示するのは容易なことではない。



原発ゼロの道のりは、

原発ゼロを目指して、

あらゆる社会の仕組みを見直すという決断があってこそ、

ゴールに至る道のりが見えてくる。



ゼロを目指す決断が極めて大事なのだ。



原子力を推進しつつ、脱原発を進めることは、

アクセルとブレーキを同時に踏むこと以上におかしなことだ。



====



さあ歩いてみろ、旅行に行ってみろと声高に叱咤される。



ところが手かせ足かせがあって、

満足に歩けず、旅行の日程を組み立てることは難しい。



現実に歩けもしないのに、

旅行に行くというのは、全くけしからんことだと再度叱咤される。



今の社会の仕組みを前提にして、

原子力ゼロの道筋を明示できないことに対する批判は、

こんなイメージに写る。



大事なのは、旅行に行くことを決め、手かせ足かせを外すことだ。



ただし長年、手足に付けられた手かせ足かせは、

錆びて簡単には外れない。



しかし、外す努力を開始することが肝心だ。



長年、手も足も使っていなかった。



だから筋力は完全に衰えている。



筋力トレーニングや歩く、走る訓練をしつつ、

旅をする準備を開始することだ。



====



そんなのは非現実的だ。



脱原発によって経済活動も、

市民生活も停滞するとの指摘もあろう。



しかしだ、国民の命を守れないかもしれない、

将来の国民に大きな負担を先送りする、

こんな状況の中での経済や生活の安心は欺瞞だろう。



国民の安全をより確かなものとし、

将来への負担を軽減する、

これが節度ある国民が選択する道だろう。



そのことによって、経済が停滞するとの声があるが、

本来持てるはずのないふんだんな電力を前提にして、

刹那的な快楽を享受しているだけなのが今の経済ではないのか。



人間の力でコントロールでき、

将来にも責任を持てる電力、

その枠の範囲で、我々がどう暮らすのか、

それを考えるのが、当然の発想ではないのか。



====



鉄道などの乗り物は、スピードをいかに上げるかの競争だった。



明治5年に日本で初めて開通した鉄道の速度は30キロメートルあまりだった。



それが今や新幹線の速度は320キロに達する。



しかしこれは、いかに安全に停止できるかの技術が伴っての最高速度だ。



速度を上げる開発は、その速度でいかに安全に停止できるのか、

その技術の裏付けがあって初めて可能となる。



原子力発電所は、ブレーキのない高速列車なのだと思う。



私は、こんな列車に、国民を乗せることはできない。



速度は落ちるかもしれないが、

安全に止まれる列車に乗ろうと

国民を説得することが政治の役割だと私は確信している。



これまでの私たちは、

今、私たちが乗っている電車のブレーキについては

あまり説明を受けてこなかった。



ブレーキの能力以上に速度の出る電車の乗せられていたのだ。



しかし、3.11で、そのブレーキが機能していないことが白日のものとなっ
た。



それなのに、国民の皆さんを、

引き続きブレーキのない列車に乗せることは無責任だ。



仮に以前の速度に憧れる国民がいたとしても、

そこを説得する、それが政治の判断だろう。



====



昨夜、細川元総理は、

今の政府が、3.11の反省も教訓もなしに、

原発を推進することを批判した。



細川、小泉両氏の取り組みを

冷やかに見ている方々も少なくないようだが、

私は、両氏の取り組みを明確に支持したいと思う。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・5・8

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月8日 その2450『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください