5月9日 その2451『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.05.09



都内は今日の夜明け前も

スッキリと晴れ上がっている。



今日も都内で用務だ。



今日は夏日になる可能性がある。







1)オープン・ミーティング

5月11日(日)、

第31回おおさか誠二オープン・ミーティングを開催する。



====



予約不要、参加費無料、どなたでも参加可能だ。



====



冒頭に私が、今のタイムリーな話題について、30分程度話す。



その後、参加者の皆さんと意見交換する。



====



時間:5月13日(日)13時〜14時30分



場所:函館パークホテル

(函館市新川町29-15 電話0138-23-0128)



問い合わせ:逢坂誠二事務所 0138-41-7773



====



今後、オープン・ミーティングを

第ニ日曜日の13時と定例化したいと思っている。







2)嘆かわしい

以前、日本の電車への

乗り降りのルールが崩れていることを書いた。



「降りてから乗る」



この当たり前のルールが、

守られていない場面が多いのだ。



こうしたルール破りは、

若者や子どもに多いと思いがちだが、最近は違っている。



経験豊富なご婦人方に結構、

このルールを無視する方が多い。



また高齢の男性にもその傾向がみられる。



本来、人生の先輩として、

社会に範を垂れてもいい方々が、

率先してルールを無視している。



なんとも嘆かわしい、今の日本だ。







3)過去にしない

細川、小泉の両元総理らが、

原発ゼロを目指す一般社団法人

「自然エネルギー推進会議」を設立し、

一昨日、設立記念のフォーラムが開催されたことは、

昨日の日記で書いたとおりだ。



ところがこの会議の設立に関する報道が、

あまり芳しくない。



私の見たテレビによれば、





支持者は都知事選と同じ





ひいきの引き倒しになる





脱原発を前面に出せない





未だに脱原発を言う人も多い



====



なぜこんなに冷やかなんだろうか。



元総理の取り組みだからか。



都知事選で評価を得られなかったからか。



特に私が気になったのは。

脱原発について「未だに」との副詞が付けられたことだ。



この意図は、一体何なのか。



====



日本社会は、原発事故を忘却の彼方に押しやって、

もう既に過去のものにしようとしているのか。



福島第一原発の報道もめっきり減ったが、

そんなことは絶対にさせてはならない。







都内今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・5・9

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月9日 その2451『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください