5月11日 その2453『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.05.11



函館は、爽やかな朝を迎えた。



多少雲があるが、明るい朝だ。



函館の桜のピークは終了し、

既に葉桜になっているところが多い。



しかし五稜郭公園などでの花見宴会は、

先週末に引き続き活発に行われている。



私も昨日は、数か所の花見を梯子させて頂いた。



花見と各種行事の合間を縫って、

昨日は函館市内2箇所で街宣も実施した。



外に立っていると、

日々、日差しが強くなってくることを実感する。



====



今日は、午後1時から、

「第31回オープン・ミーティング」を開催する。



予約不要、参加料無料でどなたでも参加可能だ。



開催時間:本日13時〜14時30分



場所:函館パークホテル(函館市新川町29−15)



冒頭、私から今の政治情勢について話をした後、

参加者の皆さんと意見交換を行う。



ふるって参加頂きたい。







1)弾圧と獄死

昨日午前、函館YWCAで開催された、

「平和と憲法をめぐるトークシリーズ」に参加した。



戦前の治安維持法下の時代、函館での



「小山宗祐牧師の獄死が、今の時代に語りかけるもの」



がテーマだった。



講師は、

函館市内などで教鞭をとられておられた、

米倉正夫氏。



====



小山宗祐牧師は、

1941年7月、函館本町教会に赴任し、布教活動を開始した。



この時代は、治安維持法などによって、

言論や宗教活動の自由が大幅に制限されていた。



====



1925年:治安維持法施行



(以降1928年、1941年の改正を経て

言論や結社の自由が大幅に制限される。)



1939年:宗教団体法の成立によって教会への弾圧が強まる。



また戦時または事変に際し、

軍事に関し造言飛語を為したるものに対する

刑罰もあった。(陸軍刑法)



====



小山牧師は、こんな時代の中で函館に赴任し、

キリスト教の布教活動を行い、

戦争に反対する姿勢を明らかにしていた。



この小山牧師が、

臨家の密告によって、

1942年1月、憲兵隊に拘引される。



拘引の理由は、



・戦争反対

・神社参拝拒否



などだとされている。



1942年3月25日、

傍聴禁止の公判で判決を言い渡されたらしく、

翌日未明に、函館裁判所拘置所で獄死した。



死因は自死とされているが、

激しい拷問と思われる痕跡もあり、

本当の死因は今も闇の中だ。



====



国体の維持、

神宮若しくは皇室の尊厳、

大東亜戦争、

安寧秩序、

これらに反する言論、結社、信仰が厳しく制限された時代だ。



個人の尊厳ではなく、

国家を中心とする価値観がことさらに重んじられた。



しかも、重んじられる価値観の基準や内容は

必ずしも明らかではない。



国民がその規定を慮って法の規定を拡大解釈し、

社会が萎縮傾向になる。



そして国民が互いが監視する社会に陥ってしまう。



その結果が、小山牧師の獄死だ。



時に小山牧師26歳。



当時の日本は、こうして数多くの命が失われた。



====



しかしこの現実は、過去のことではない。



ここ一年余り、

日本周辺の有事を煽り、国益を守ることが強調される。



そうした中、

少人数で日本の安全保障の重要事項を決定できる

日本版国家安全保障会議がスタートし、

武器輸出も開始される。



秘密の範囲が曖昧な特定秘密保護法が

非民主的な手続きによって成立し、

一般国民も処罰に対象になっている。



====



政権与党である自民党が作成した憲法改正草案では、

言論の自由など国民の基本的人権への制限が強化されている。



権利は、公益及び公の秩序に反しない限り

という限定条件の付きで、認められる内容だ。



結社も、公益及び公の秩序に反しない範囲内での、容認だ。



====



治安維持法の成立が1925年。



以降1945年までの20年間、

日本は暗い谷間の時代に突入する。



治安維持法の成立から88年後の2013年12月、

特定秘密保護法が非民主的に成立した。



この2013年が、

再び暗い谷間の時代への入り口になることのないよう、

私たちは、権力を監視し、

何が大切なことなのかを厳しく見極めねばならない。







2)柔道協会

昨夜、北斗市柔道協会総会と懇親会に、

高橋亨道議、道畑克維市議とともに、

顧問の一人として私も出席した。



北斗市柔道協会は、

以前から様々な活動が続けられていたが、

近年になってその活動がより活発化している。



秋に開催される「わんぱく柔道大会」は、

札幌からも参加申し込みがあるなど、

大きな大会に成長している。



昨夜は、参加された皆さんから、

柔道指導の苦労話や、

子どもたちのスポーツを取り巻く課題になどについて、

数多くの話を聞かせて頂いた。



私も、協会とスポーツの振興発展のために、

尽力することとしている。







(改めて)

今日のオープン・ミーティングには、

どなたでも参加できる。



ふるってご参加頂きたい。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・5・11

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください