5月12日 その2454『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.05.12



函館の夜明け前、

薄雲が広がっているのが分かるが、

晴れ間の多い夜明けとなりそうだ。



夜明け前の気温は10度程度。



日中はギリギリ20度まで到達するらしいが、

夕方には雲が多くなり、雨になるとの予報だ。







1)日曜日

昨日も密度の濃い一日を過ごした。



朝から、歩け歩けの会の皆さんに挨拶。



函館護国神社の例大祭に参列。



函館ピンクリボンの昼食会、

引き続き31回目のオープン・ミーティング。



函館市内2箇所での街宣。



====



朝からこの日程が過ぎると、あっという間に夕方。



昨日は、気温も上がり、夕刻も青空が広がっていた。



一日の疲労感があったが、

そんな空を見ていると、

急に思い立って函館山登山に向かった。



いつもは自宅から函館山まで歩いて登山口に向かうが、

昨夕はさすがにそこまでの時間がなかった。



電車で宝来町に向かい、そこからの登山となった。



宝来町の電停から山頂まで、

一歩一歩かみしめながら約45分、

18時には山頂に到着。



日没前の函館山からの風景を楽しんだ。



函館山からの夜景の美しさは、言うまでもないが、

山頂から360°、

前後左右に広がる明るい時間の大パノラマも絶景だ。



一言では表現できない風景、地形、海の多様さに圧倒される。



夕方の風景が夜景に変化する姿を山頂から眺めていたかったが、

暗い中での下山を避け、

日没前に後ろ髪をひかれつつ帰途についた。



日中は、様々な活動が

ぎっしり詰まっていることが多いが、

少しでも時間を確保して

函館山の四季の変化を楽しみたいと思う。



====



こんな塩梅で、昨日は、密度の濃い、時間を過ごした。







2)江差線

昨5月11日で、

JR江差線木古内・江差間(42.1キロ)が廃止された。



1936(昭和11)年の全線開通から78年目での廃止だ。



維持管理、運行をはじめ、

これまで江差線に関わった

全ての皆さんに心から感謝したい。



今日から廃止された江差線区間は、

新たにバスが運行されることになる。



今後、この区間の運行に関係する全ての皆さんに、

改めて感謝したい。



====



地域住民の足を守ることなど交通政策面から、

さらに個人的には鉄道マニアとして、

江差線について書きたいことは多い。



しかし書いているうちに目頭が熱くなり、

書き進むことができない。



様々な思いを込めて、江差線に感謝したい。







3)オープン・ミーティング

昨日のオープン・ミーティングには、

13名の方に参加頂いた。



参加された皆さんに、心から感謝する。



====



参加人数が少ない

と感ずる方もいらっしゃるかもしれないが、

私は、少人数であっても、

政策などについて密度濃くやり取りができること、

それが重要だと考えている。



来月32回目のオープン・ミーティングは、

6月8日(日)13時の予定だ。



会場が決まり次第、

改めて皆さんに開催の告知をしたいと思う。



====



私が出向いて皆さんの話を伺い、

さらに意見交換をする「お茶の間懇談会」は、

常時、開催を受け付けている。



3,4名の極少人数での開催もOKだ。



お茶懇の開催も、どんどん申し付け頂きたいと思う。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・5・12

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月12日 その2454『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください