5月20日 その2462『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.05.20



函館は、薄雲の広がる朝だ。



朝の気温は7度程度。



日中は20度になる見込みだが、

多少雲が多いかもしれない。







1)地域の声

昨日は、長万部、八雲、森、鹿部の各地域を回り、

町長さん、議長さんなどをはじめ関係者の皆さんから、

地域の課題について話を聞かせて頂いた。



高橋亨道議、福原賢孝道議、笹田浩道議、

道畑克雄函館市議、阿部善一函館市議、

千葉隆八雲町議会副議長も同行している。



地域の課題は多岐に渡るが、共通事項も多い。



人口減少と少子化高齢化、脆弱な地方財政、

医療福祉問題、一次産業対策、

これらは各自治体にほぼ共通して横たわる課題だ。



地域ごとに実際に生の声を聞くと、

文字では伝わらない臨場感がある。



それぞれの地域で頂いた課題の解決に向けて、

全力で取り組むこととしている。







2)武器輸出

パリで来月開催の世界最大の兵器の国際展示会に、

日本企業が出店することを政府が認めることとなった。



4月に、安倍政権が原則武器輸出禁止の方針を放棄したが、

日本の武器輸出が一気に加速しかねない。



こんなことでは、

日本の掲げる平和主義が有名無実化しかねない。



====



この展示会への日本企業の本格的な出品は初。



約10社が参加を予定。



安倍政権は、兵器の積極輸出に大転換をしたが、

日本が国際紛争に大きくかかわる可能性が出てきた。



今回は、民生品にも転用できる装備が中心だというが、

一部企業は地対空ミサイルのパネル展示も検討中だ。



====



こんなことを国民は望んでいるのだろうか。







3)山積

ここ半年余り、いろいろとやるべきことが多く、

自分の机など周囲の整理に手が回っていない。



目を通した書類の整理もままならず、

対応の終えた書類が山積み状態となっている。



メールも未読の山となり、

その数は千に迫る勢いだ。



もちろん急ぐ案件には、目を通しているつもりだが、

抜け落ちがあるかもしれない。



あらゆるものが山積している状態から、どう抜け出すか、

思い切って時間を確保して取り組まねばならない。







4)撤退

3年前の東日本大震災の直後の3月15日、

福島第一原発の所員9割が、

原発の現場を撤退していたとの事実が

朝日新聞で報じられている。



東京電力は、このことを3年間、公表していなかった。



事故対応が不十分になった可能性もあり、

東電の隠蔽体質に憤りを覚える。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・5・20

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください