7月15日 その1451『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.07.15



昨夜、函館で用務があり最終便で帰函しています。

函館は空一面に雲の広がる朝を迎えました。

曇り時々雨の天候、予想最高気温は23度とのことです。

東京とは10度近くも気温差があります。



1)国営農地整備事業
一昨日、昨日と二日間にわたり、
今金町の外崎町長はじめ
小川商工会長や議会の皆さん等が上京されました。

目的は、今金町で計画中の国営農地整備の
事業採択に向けた各種の活動を行うことです。

北海道と比較すると格段の暑さの中、
霞ヶ関の関係部署や国会議員事務所を精力的に歩かれ、
地域の実情を訴えられました。

一昨夜は、皆さんの意見交換の場に、
私も参加させて頂き、
農地整備のみならず広い範囲に渡って、
色々な話を伺わせて頂き、
極めて有意義な時間を過ごさせていただきました。

上京された皆さん本当にご苦労様でした。

事業採択に向け、私も全力の取り組みをしなければなりません。



2)国会の様子
昨日は、衆院総務委員会で
NHK決算(19年度、20年度)について、
質疑採決が行われ、全会派一致して賛成となっています。

午後には、衆院本会議で、
再生エネルギー特別措置法案の趣旨説明と質疑が行われ、
審議入りしました。

この法案は、今後の日本のエネルギーのあり方を左右する重要法案です。

目先の政局に捕らわれない、
日本の将来を見据えた大局的な見地からの審議が必要です。



3)連合後援会長
昨夜、地元函館で、私の連合後援会役員会が開催されました。

今回、長らく連合後援会長の役を担って頂いた松谷勇氏が、
勇退されることになりました。

松谷会長には、函館に来たばかりの、
どこの馬の骨とも分からない私をお支え頂きました。

この間、政権交代に向かって多くの力を結集するために
大きな尽力を頂きました。

政権交代後は、
私が政府の一員として仕事をするための環境整備に
大変な御配慮を頂くなど、
言葉にできないほどの御支援を頂きました。

松谷会長には改めてお礼を申し上げると同時に、
今後は、顧問として引き続き御指導下さいますようお願いします。


新しい会長には、金井卓也氏に御就任いただくことになり、
このことを昨夜の役員会で報告し承認されました。

金井新会長は函館市医師会長を務められるなど
函館医療界の重鎮です。

このような方に、後援会長に就任頂き、
本当に有り難く思っております。

今後、松谷前会長同様に、
さまざまお世話になることと思いますが、
金井新会長には、何卒よろしくお願い申し上げます。



4)エネルギー政策
菅総理が、一昨夕、「脱原発」をめざす方針を明確にしました。
「将来は原発がない社会を実現する」と初めて言い切ったのです。

これまでの日本の大転換を発表したものと捉えられます。

もちろん全ての原発を即時に停止し、
すぐに廃炉になるわかけではありません。

幾年かをかけて徐々に廃炉に向かうのです。

しかも廃炉になっても、
動かない原子力発電所の安全な管理に
相当な労苦配慮が必要になるのは言うまでもありません。

これが現実的な道のりでありますが、
私はこうした方向を支持します。

====

しかし、課題山積であることは事実です。

その一つは、この政策の大転換について、
政府内はもとより、党内でも十分な議論がなく、
総理がだしぬけに発表した感じが強いことです。
この発表が、思いつきなどと批判されかねません。

しかし、そんな指摘があるにせよ、
さらに政権が変わろうとも、
私はこの方向を支持したいと考えています。

今後すべきことは、
この方向を実現するために、
具体的な道筋を早急に樹立しなければなりません。



さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・7・15 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください