6月6日 その2479『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.06.06



函館は、少し雲が多めの朝だ。



雨の降る見込みはない。







1)集団的自衛権

安倍総理は、正式な憲法改正手続きを経ずに、

内閣の判断による解釈の変更で、

事実上の憲法改正を行おうとしている。



この立憲主義を無視したとんでもないやり口によって、

現行憲法下では認められていない

集団的自衛権の行使を容認する、

そんな考えを安倍総理は持っている。



内閣の判断だけの憲法改正は、

絶対に認められないのは言うまでもない。



====



安倍総理が提起する

集団的自衛権の行使を可能にすべきとの課題は、

現在、あまりにも狭い視野の中での議論に終始している。



安倍総理の想定する特別の場合に、

日本が他国を助けられなくて、

それで日本の立場は守れるのか、

これが議論の主体に見える。



====



集団的自衛権の行使容認と武器輸出、

この二つによって、日本がテロの標的になるなど、

紛争や戦争リスクが高まることはないのか。



日本が他国に武器を輸出し、

日本に武力行使をしていない国に対し日本が武力行使をする、

この二つよって日本に対して恨みの気持ちを持つ国は、

今よりも増えない保証はない。



日本輸出した武器によって命の危険に晒される人は、

日本に憎悪の念を持つかもしれない。



日本を攻めてもいないのに、

日本から武力行使を受ける国は、

日本のことをどう思うだろうか。



こんなことで日本をテロの対象とする国や

組織が出現する可能性は否定できない。



====



アメリカに特権的取り扱いを認める

日米地位協定をそのままにしたままで、

集団的自衛権行使を認めることになれば、

日本は今以上にアメリカの言いなりにならざるを得ない、

そんな懸念はないのか。



日米地位協定と集団的自衛権行使、

この両者の関係も全く整理されていないだろう。



====



解釈による憲法改正は絶対にダメ。



集団的自衛権行使のデメリットをもっと議論すべき。



今日は改めて、そんなことを強く感じている。







昨夜から急激に喉が痛くなり、

唾をのむのも辛く、

夜も眠れない状態だった。



熱はなく、原因が分からない。



そのため今朝の街宣は中止せざるを得ない。



何とも残念だ。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・6・6

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください