7月17日 その1453『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.07.17



毎日同じことを書く繰り返しが続いています。

東京は今日も日差しの強い朝を迎えています。

予想最高気温は34度とのことです。



1)オープン・ミーティング
次回、オープン・ミーティングの日程が決まりました。

http://www.ohsaka.jp/topics/article-361.html

日時:2011年8月6日(土)17:30〜19:00
会場:函館市亀田福祉センター(函館市美原1-26-12)

今回は「国家財政の状況」、
「予算節約の現状」などについて話をさせていただき、
参加の皆さんからご意見・ご質問をお伺いします。

参加費や予約は不要でどなたでも参加出来ます。
はじめての方でもどう
ぞお気軽にご参加下さい。

=====

また「おおさか政治塾」第1期生の募集も行っています。

函館開催 http://www.ohsaka.jp/topics/article-353.html

東京開催 http://www.ohsaka.jp/topics/article-356.html

政治塾は、5名程度の少人数で、
形式に捕らわれない寺子屋のような雰囲気で実施する予定です。

塾長と講師は私が務めます。
どうぞ奮ってご応募ください。



2)C61
SL C61の20号機が、
先月4日から上越線高崎・水上間で営業運転をしています。

静態保存されていたこのC61を
動く状態に復活させる過程を記録したドキュメンタリー番組が、
昨夜NHKで放送されました。

こんな番組をやるとは知らなかったのですが、
テレビのスイッチを入れたら、偶然、SLのシーンに出くわし、
1時間に渡り番組に没頭しました。

特にSLの重要部分であるボイラーやピストンの復活に、
高齢の方々も含め多くの技術者が関わって、
必死の作業をする場面では、瞬きもせず見入ってしまいました。

いずれ上越線に、
このC61の姿を見に行きたいと思っていますが、夢が叶うでしょうか。


このC61の復活も嬉しいのですが、
私の本心はC62の復活です。

23年前にC62の3号機の復活に多少なりとも関わったものとして、
現在、北海道苗穂機関区に保存されているC62 3号機を再復活させて、
函館本線山線を走行する雄姿を、見たいものだと願っています。

もちろ多額の経費を要しますので、
簡単なことではありません。

そんな日が来ることを夢見ています。



さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・7・17 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください