6月10日 その2483『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.06.10



函館は、今日も雲の多い朝を迎えた。



一昨日からが降り、

農家の皆さんは安堵していることと思うが、

気温が低い状態が続いている。



今日の予想最高気温も17度だ。







1)驚き

昨日、参院決算委員会での

集団的自衛権に関する総理の答弁を聞いていると、

驚くことの連続だ。



====



・限定的

総理は、最小限で限定的な場合に限って

集団的自衛権の行使容認を主張する。



限定的だから今の憲法に抵触しないかのイメージを振りまいているが、

行使容認のケースをどんなに限定的にしようとも、

実際に武力行使が始まれば、

その内容には事実上歯止めがきかなくなるだろう。



戦闘地域であろうとなかろうと、

他国領土であろうとなかろうと、

実際に武力行使が始まれば、

引き下がるわけには行かなくなるのが戦争の現実だ。



この点について、全く言及がない。



====



・安保体制

総理は、安保議論のときも、相当な懸念があったが、

今は、そんなことはないかのような答弁をした。



この総理のデリカシーの無さに驚いてしまった。



安保体制には評価すべき点もあるだろう。



しかし相当な負の側面、

国民の犠牲の上に成り立っているのも事実だ。



たとえば基地が集中する沖縄の現実をどうとらえるのか。



日米地位協定によって、

日本の主権の一部が制限されている事実をどうとらえるのか。



これら負の側面に対する思いが全くないとすれば、

それは信じられないことだ。



====



・閣議決定

総理は、日本の平和主義の大転換を、

内閣だけの判断、閣議決定で行おうとしている。



これも信じられない。



こうした大問題であれば、

あるほど慎重に丁寧な手続きで行うべきだ。



あたかも自分だけが、

日本の将来を見通せているかのように、

実に強行的な答弁を繰り返している。



特に自分の意に沿わない野党議員の質疑に対し、

嘲笑するかのような態度で気色ばんで答弁をする場面がある。



これは独善的で極めて危うい姿勢だ。



この総理の思いの実現には、

衆参両院の選挙、

さらには憲法96条に定める手続き、

こうした手順を踏まえる必要がある。



こうしたことを、

やらなくても良いと考える総理の姿勢には、

驚きを禁じ得ない。



====



総理の委員会答弁を見ていると、

その薄っぺらさ、慎重さ、深い配慮の無さに、

涙が出るほどの悲しさを感ずる。







先週金曜日から急激な喉の痛みに見舞われ、

一昨日、昨日と街宣を休まざるを得なかった。



完治はしていないが多少改善の兆しがあり、

今朝から街宣の再開だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・6・10

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください