6月14日 その2487『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.06.14



函館は、今朝も雲が多い。



日中もずっと雨か曇りの予報だ。



そして気温も相変わらず低く、

最高は20度になるかならない見込みだ。







1)鹿部後援会

昨夜、鹿部町の皆さんの計らいによって、

鹿部後援会が設立された。



本当に有り難く思う。



後援会設立後、私から活動報告をさせて頂き、

その後、食事をしながら意見交換もさせて頂いた。



====



活動報告では、

20年前に私が政治活動をした頃の話から、

今、安倍総理が進める解釈による憲法改悪まで、

幅広な話題に言及した。



参加された方からは、非常に分かり易く、

今の政治情勢が理解できたとの評価も頂いた。



厳しく苦しい状況ではあるが、

歯を食いしばって、

着実な歩みを続けなければならない。







2)狭小な議論

集団的自衛権に関する与党内自民党と公明党の議論を見ていると、

視野の狭まった狭小な議論の危機を強く感ずる。



あの議論は、日本と世界の平和をどう守るかではなく、

とにかくどんな形でも良いから

集団的自衛権を認めることが目的の議論になっている。



つまり予め結論が決まってるわけだ。



その結論に合わせるための理屈(屁理屈)を、

何とか探し出そうとする議論であり、

それは平和のための議論ではない。



日本に武力行使をしていない国に対する、

日本の武力行使を可能にする集団的自衛権の行使を

認めることを前提とした議論なのだ。



その結果、現時点で次の理屈が持ち出された。



====



日本が攻撃を受けていなくても



「他国に対する武力攻撃が発生し、

 わが国の存立が脅かされ、

 国民の生命、自由および幸福追求の権利が

 根底から覆される恐れ」があり、



他に適当な手段がない場合、

必要最小限の範囲内で集団的自衛権の行使を認める。



====





わが国の存立が脅かされる





国民の生命、自由および幸福追求の権利が

根底から覆される恐れ



====



大事なのは、

「幸福追求などの権利が覆される恐れ」の、

「恐れ」の部分だ。



「恐れ」とは、まだ恐れが現実に至っていない場合も含むわけだ。



つまり予測的に行動を起すことが可能だ。



この予測の範囲が曖昧な中では、

自衛権の行使が拡大する可能性は否定できない。



====



これは完全な言葉遊びであり、

とにかく集団的自衛権を認めるという目的ありきの議論だ。



何度も繰り返し主張するが、

どんな形であれ集団的自衛権を認めるということは、





武力行使をしていない国に対し、

日本が武力行使を行うことを認めること





これは現行憲法下では到底認められるものではなく、

これを認めることは憲法の変更に等しいこと



この二つを可能にすることだ。



====



他国への武力行使で、恐れがある場合は、

集団的自衛権を行使できるとすれば、

その範囲は相当に拡大できる可能性が高まるだろう。



とにかくこの自公議論をいったん休止して、

頭と心を冷却し、再度、多角的視点から議論をすること

これが今の日本に必要なことだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・6・14

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください