6月16日 その2489『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.06.16



函館の朝、街全体が霧に包まれている。



今日の天気予報は終日曇り。



夕方には弱い雨になるかもしれない。



予想最高気温は20度程度だ。







1)集団的自衛権

今日もやはり集団的自衛権の問題に言及せざるを得ない。



安倍総理は、

どうしても集団的自衛権の行使を認めさせたいようだが、

どう考えても性急に過ぎる。



国家の基本方針の大転換を、

こんな簡単な議論で済ませていいはずがない。



特定秘密保護法もそうだった。



とにかく急いで成立させたが、

今になって国会に監視機関を置くための法案を議論している。



その法案すらも、検討すべき内容が多く、

確定的な議論ができない状態だ。



特定秘密保護法案も酷い審議状況だった上に、

その問題は今も引き続いている。



本来1年も2年もかけるべき議論だ。



====



集団的自衛権を仮に一部とはいえ認めるならば、

日本への影響は計り知れない。



安倍総理はプラス面ばかりを話しているが、

マイナス面、悪影響はないのか、

そうしたことには一切の言及がない。



日本が、どんなやり方、考え方で、

世界の平和に貢献するのか、

その大ぶりの議論も皆無だ。



特別な幾つかの事態を無理に想定し、

それにどう対応するのかと言う、

極めて狭小な議論だ。



こんな議論だけで、結果を導くと、

予期しない事態に到達する可能性もある。



とにかく落ち着いて、

一時、冷却期間を置いてから、

十分な議論をすべきだ。



====



こうした総理の動きに対し、

27都道府県の地方議員215人が、昨日、

超党派団体「自治体議員立憲ネットワーク」を設立した。



共同代表の角倉邦良群馬県議は、

かつて金田誠一元代議士の秘書を務められ方だ。



角倉県議は、



「戦後日本の平和主義、専守防衛の枠組みが

 木っ端みじんに壊される事態だ」



と安倍政権を批判したという。



当然の発言だと思う。



勝部賢志道議も、



「憲法の平和主義、民主主義を守るために

 地域から声を上げ、全国的な世論形成につなげていきたい。

 安倍政権の暴走を食い止めるため、

連携を強める必要がある」



と話したと報じられている。



こうした動きが、全国に確実に広がることを期待したい。







さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・6・15

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 6月16日 その2489『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください