7月3日 その2506『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.07.03



函館は、雲の多い朝を迎えた。



静かな、音の少ない朝…、そんな雰囲気がある。



雲が音を吸収しているのかもしれない。







1)解釈改憲

一昨日の集団的自衛権行使を容認するための

解釈改憲に抗議する集会が、昨夕、函館市内で開催された。



急な開催にも関わらず、多くの皆さんに参加頂いた。



皆さんの危機感の表れだ。



====



それにつけても思う。



今回の議論は本当に乱暴だ。



これまでの平和主義の検証も何もせずに、

とにかく武力行使を前提とした議論に

国民が引き込まれている。



この時点で、今回の議論は常軌を逸している。



これまでの日本の歩みを丁寧に検証し、

その上で、国民の命をどう守るのか、

独立国としての存立をどう守るのか、

日本が国際平和にどう貢献するのかを

大きな視点で考えねばならない。



その結果、

これまでの平和主義を転換するのか、

維持するのかなどを考えるべきものだが、

安倍さんの議論では、既に結論が決まっており、

そこに導くために、

とにかく理屈を捏ね繰り回しているに過ぎない。



大きな観点から政策の是非論ができない現状は、

何とも危うい。



====



もっと危ういのは、

憲法に抵触する恐れのある案件を、

いとも簡単に決めてしまうことだ。



これは政策の是非論とは全く別物だ。



私たちの社会を支える基本的な仕組みである、

立憲主義を崩壊させることになる。



これは是非の問題ではなく善悪の問題だ。



立憲主義に対する反逆、テロ行為とも言える暴挙だ。



====



それにしても、

テレビと新聞、この両者の

今回の件に対する扱いの違いに驚く。



新聞が一面に社説を載せるなど、

普段とは違う、異例の扱いをしている。

(つまりそれほど、特別な事態になっているとの認識だろう。)



一方、テレビを見る限りは、

平時と変化のない、

単なる政治のごたごた的な報道に思われて仕方がない。



今回の判断が、戦後政治の大転換であるとの認識が、

テレビには極めて希薄だと感ずるのは私だけだろうか。







2)支持率

共同通信社が1、2両日実施した

全国緊急電話世論調査の結果だ。



安倍内閣の支持率は47.8%で、

前回6月から4.3ポイント下落した。



不支持率は40.6%と

第2次安倍政権としては初の40%台に上昇。



支持率との差は7.2ポイントにまで接近。



憲法解釈変更が閣議決定されたことに関しては、

82.1%が「検討が十分に尽くされていない」と答えた。



====



世論調査を妄信することは危ういが、

国民の皆さんが、

今回の件に納得していないそんな現状が見える。







今日は朝の街宣の前に、

新しいニュースの配布を行う。



そのためいつもより1時間半早く、

屋外での活動を開始する。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・7・3

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 7月3日 その2506『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください