7月10日 その2513『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.07.10



昨日と今日、北海道医師会、北海道歯科医師会など、

道内の各種団体から政策に関し、

意見交換をするため札幌市入りしている。



札幌は雲の多い朝を迎えている。







1)話を聴く会

昨夜、逢坂誠二の話を聴く会の

コアメンバーが集まって意見交換をした。



今の日本の現状については、

参加者全てが天を仰ぐような気持ちで、

言葉にならない静かな意見交換となった。



こうした中、私が、

自由主義経済を推し進めることなどについて、

エントロピーを例えとして、話をしたところ、

その比喩と内容が適切ではないとの指摘を受けた。



どの点が適切ではないのか、激論になった。



口角泡を飛ばして、

最近まれにみる学生時代のような意見交換となった。



最近は、そんな激論をすることもめっきり減っていたが、

戦う気持ちを呼び覚ますような時間を共有でき、

何となくスッキリした朝を迎えている。



昨日の議論を踏まえて、エントロピーについて、

勉強しなおさなければならない。







2)武器輸出

今年4月、日本から海外への武器輸出が原則解禁になったが、

その後、武器の輸出準備が着々と進んでいる。



====



一昨日、安倍総理は、

オーストラリアと防衛装備品及び技術の移転に関する協定を締結した。



これは、同国と防衛装備の共同開発を進めるためのもの。



潜水艦の技術に関する基礎的な共同研究や、

自衛隊とオーストラリア軍による

共同訓練・運用を促すための協定を作ることも決めて、

共同声明に盛り込んだ



====



三菱重工業がアメリカ企業から引き合いを受けていた、

パトリオット2(PAC2)ミサイル用センサーの輸出が、

政府によって承認される見込みであると日経が報じている。



三菱重工はアメリカの防衛大手レイセオン社から

ライセンス供与を受けて、

PAC2を自衛隊向けに生産している。



今回の件ではレイセオンが、

三菱重工から調達した部品などでミサイルを組み立て、

中東のカタールに輸出するという。



====



武器輸出が原則解禁された4月以降、

武器の輸出に関する準備が着々と進み、

日本は後戻りのできない状態に入っている。



平和主義具現化の一つとして、

武器輸出をしてこなかった日本だが、

その平和主義が崩れていく。







今日は、各種団体からのヒアリングを終えた後、

明日の福島第一原発の視察に備え現地に向かう。



台風8号の影響が心配だが、

激しい雨の中で原発の管理がどうなっているのか、

それを見ることにも意義があるものと思う。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・7・10

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください