7月15日 その2518『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.07.15



最近は、ずっと似たような天候だ。



朝の内は雲が多い。

昼頃から晴れ間が広がる。



気温は何とか夏日。



今日もそんな予報が出ているが、

スッキリした北海道らしい天候には、

なかなか巡り会えない。







1)防衛白書

防衛白書で、

集団的自衛権が憲法上許されないもの

との記述があることをネットの情報で知った。



==



以下、平成25年版防衛白書101ページから引用



====


4 集団的自衛権



国際法上、国家は、集団的自衛権、

すなわち、自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、

自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、

実力をもって阻止する権利を有しているとされている。



わが国は、主権国家である以上、

国際法上、当然に集団的自衛権を有しているが、

これを行使して、

我が国が直接攻撃されていないにもかかわらず

他国に加えられた武力攻撃を実力で阻止することは、

憲法第9条のもとで許容さる実力の行使の範囲を超えるものであり、

許されないものと考えている。



==以上、引用終了==



この防衛白書に明確に記載していることが、

これまでの政府の考え方だ。



ところがこの半年だけの議論で、

180度の大転換だ。



こんな大転換をするには、

憲法改正しかないと思うのが道理だが、

総理は、なぜそう考えないのか。



総理が勝手に憲法を解釈している。







2)民主主義の崩壊

昨日の最高裁判決は、

情報公開を葬り去る、耳を疑う内容だ。



裁判は、

沖縄返還に関し日米両政府が交わした

「密約」文書の開示を求めた情報公開訴訟だ。



最高裁は上告を退け、

国に開示を命じなかった二審の判決が確定した。



判決の中身は酷い。

これが司法なのかと思う内容だ。



====



裁判所も、密約文書の存在は認識している。



しかし情報公開法以前にその密約文書は、

日本政府が秘密裏に廃棄した可能性が否定できない。



だから公開できないというのが、裁判所の考え方のようだ。



さらに驚くのは次の理屈だ。



「行政機関が「存在しない」と主張する文書の公開を

 裁判で求める際には、

 請求側がその存在を立証する責任がある」



との判断を示したのだ。



まったく信じられない。



これでは行政がうまく隠してしまさえすれば、

情報公開対象にならないということだ。



酷すぎる。



一般市民が、

行政府になぜその文書がないかを立証するのは、

一般市民に捜査権限でも無い限りほぼ無理なことだろう。



最高裁は、

情報公開に実現できそうもないハードルを課してしまった。



これに加えて特定秘密保護法が施行されると、

情報公開のハードルが高くなる。



====



本来は、

密約締結時の隠蔽の経過はともかくとして、

文書が存在していたのなら、それを認めること。



それを認めた上で、文書不存在については、

その不存在の経過、理由などを

行政側が説明しなければならない。



その上で、原告と争い、

重要文書を廃棄した罪を行政側にも課さねばならない。



====



最高裁の姿勢では、

情報公開を旨とする民主主義の原則が崩壊しかねない。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・7・15

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください