7月16日 その2519『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.07.16



夜明け前の函館は、雲が広がっている。



しかし厚い雲ではない。



今後晴れ間が広がることを予感させる雰囲気だ。



予報でも、

雲があるが晴れ間が広がるようだ。



予想最高気温は何と28度だ。



函館は、今年一番の暑さになる見込みだ。







1)平和主義

14、15日と、集団的自衛権に関し、

衆参たった一日だけの審議が終了した。



審議を通しての印象は二つだ。



====





多角的な議論が不足している





総理の同じ言葉を繰り返す答弁によって、

国民が思考停止状態に引き込まれる雰囲気を感ずる



====



集団的自衛権に関しては、

色々なことを議論しなければならないが、

その一つが、戦後日本の平和主義の検証だ。



日本の平和主義が果たした、果たしている役割、

さらに平和主義の課題…、

こうした議論が圧倒的に不足している。



さらに世界平和はどうあるべきかという大きな目標と、

その中で日本の果たす役割はどうあるべきかの議論もない。



こうした議論が全くないままに、





日本を取り巻く環境が変化している





一国のみで自国の安全を守れない





だから自衛隊の武力行使の範囲を広げる



などの個別議論に終始している。



これはどう考えても急ぎ過ぎだ。



何とも嘆かわしい。







2)情報公開

沖縄密約に感ずる一昨日の最高裁判決は、

日本の情報公開制度を崩壊させかねない危うさを孕むと、改めて感ずる。



沖縄返還に絡む日米の密約文書の開示を求める裁判だ。



判決では次のようなことを述べている。



====





情報公開請求された外交文書が実際に作成されていたとしても、

不開示の決定時に国が文書を保有していたとまでは推認できない





情報公開請求訴訟では、

行政機関が文書を保有していることの立証責任を原告にあること





外交文書について、

他国との信頼関係を理由に

保管の状況が通常と異なる場合も想定される



====



作成された文書が、情報公開請求の時点で、

存在するかどうかは分からないとの指摘は、

公文書管理制度を根底から否定するものに感じられる。



最高裁の保有推認できないとの指摘は、

公文書管理の杜撰さを是認しかねない認識だ。



そんなことを是認するのではなく、

保有を推認でいない状況がおかしいと指摘すべきなのだ。



====



その文書の存在を

原告が立証することは可能なのだろうか。



ほぼ不可能だと思う。



ほぼ不可能な責任を原告に課せば、

行政機関は公文書を廃棄しさえすれば、

全ての責任を回避できることになる。



逆だろう、

仮に文書が存在しないとしても、

行政は、なぜ存在しないかを八方手を尽くして説明し

不存在に対する責任を明確にするのが道理だろう



裁判所は、

この判決が中立だと考えているのかもしれないが

基本姿勢が違っている。



情報公開が基本だ、

との前提がないということだろう。



====



今回の文書の存在は、

アメリカの国立公文書館で確認されている。



こうした事実があるにも関わらず、

日本政府は、これをずっと否定し続けてことが問題なのだ。



今回の判決は、

日本政府の無責任な姿勢を黙認したに等しい。



====



文書の廃棄があったのなら、

その経緯などを徹底的に調べるのが当然。



外交文書について、

保管の状況が通常と異なる場合も想定される

とも述べているが、これも情報公開に対する不見識だろう。



外交文書であれ何であれ、

問われるべきは保管のあり方では、

公開の可否、あり方だ。



最高裁は、こうした感性もないのだろうか。



====



今回の判決で、司法の無力さを痛感する。



行政が暴走し、司法が機能しない中で、

特定秘密保護法が施行されることを思うと

空恐ろしい感じがする。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・7・16

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 7月16日 その2519『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください