7月18日 その2521『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.07.18



夜明け前の函館、

山の端付近が赤くなっている。



最近、見ることの無かった

私の好きな空の雰囲気だ。



夜明け前、あるいは日没頃は、

空色の変化が激しくて見ていて飽きない。



今日の予想最高気温は26度とのことだ。



====



昨朝は、街宣を1か所で切り上げて、

南茅部に向かった。



天然昆布漁解禁日のため、

漁模様を確認するためだ。



予め今年の昆布の生育は悪くないと見られていたが、

浜に行くと、予想通りの結果だ。



肉厚の昆布が次々と水揚げされ、

めいめいの干場に運ばれて

家族総出で昆布を干す光景を見ていると、

じわっとした安堵感がこみ上げてきた。



今朝ももう既に凪の海で、

昆布採りが始まっているはずだ。







1)飛行機墜落

嫌なニュースが飛び込んできた。



日本時間の昨夜10時過ぎ、マレーシア航空機が

ウクライナ東部ドネツク近くのロシア国境付近で墜落した。



ウクライナ内務省高官は、

乗員15人と乗客280人の全員が死亡したと述べている。



====



さらにロシア通信によれが、

ウクライナ内相顧問はフェイスブックで、

マレーシア航空機は

対空ミサイルシステム

「ブク」で撃墜されたと明らかにしているという。



====



まさかの事故?、事件が発生した。



嫌なことの引き金にならなければ良いが…。







2)10年前に予兆を捉える

川内原発再稼働関連の記事を読んで飛び上がった。



====



規制委員会の田中委員長が、

川内原発に大きな影響を及ぼす火山の巨大噴火について



「少なくとも10年前」に予兆を捉え、



その時点で原子炉を止めて、

核燃料を運び出すと発言しているようなのだ。



====



10年も前に火山噴火の予兆を

捉えることが出来るのだろうか。



田中委員長は、

GPSモニタリングで可能と判断しているようだが、

私には何とも信じがたい。



====



川内原発周辺は火山が集中し、

巨大噴火のリスクが高い地域だ。



これらに関し九電は、

過去に巨大噴火を起こした三つのカルデラについて

「火砕流が敷地内に到達した可能性が否定できない」としている。



ところが一方、



「原発の運用期間に巨大噴火が起こる可能性は十分低い」



と評価し、規制委もそれを妥当と判断しているのだ。



どうにも理解できない。



なぜ原発の運用期間に

巨大噴火が起こる可能性は低いと言えるのだろうか。



これも驚きの論理だ。



田中委員長は



「日本は世界と比べて、自然災害が飛び抜けて厳しい。

 安全性は世界最高レベルだと思う」



とも言っている。



安全神話が、またしても歩き始めた感じがする。







3)理想主義的現実主義

一昨日の朝日新聞に、

難民救援など国際経験が豊富な

立正佼成会外務部長の根本昌廣さんの

集団的自衛権に関する談話が載っていた。



==以下、引用==



閣議決定の翌々日、

集団的自衛権の行使容認に反対する教団声明を携え、官邸を訪れた。



その際、私は「近隣諸国との信頼構築が先ではないか」

と菅義偉官房長官に訴えた。



敵・味方で考えると「不信」が生まれる。

武力が一番の抑止力に思える。

だが、「信頼」に基づくと、互助、互酬が一番の抑止力になる。

対話に重きをおき、

共生の道をさぐることこそが長い目で見れば平和をもたらす。

それは人類の歴史が教えるところだ。



こうした考え方は「理想主義だ」「現実ばなれしている」

と言われることもあるが、

私たちは自らを「理想主義的現実主義」ととらえている。

まったくの理想を語っているのではない。



私は25歳から立正佼成会の国際畑で、

人道支援のため、イランのクルド人難民キャンプやソマリア、

アフガニスタン、旧ユーゴスラビアといった紛争地帯を歩いてきた。



確かに武器を持っていれば安心だ。



丸腰で活動すると危ない目には遭うけれど、

丸腰ならではの信頼がある。



お互いが報われていく。それは仏教の教えそのものだ。



武力をもって戦うことに焦点をあてると、

いまの自衛隊は「消極的」に見えるかもしれない。

だが、私は紛争地帯で、

戦闘のために日本は自衛隊をもっと多く連れてきて、

と言われたことはない。



国籍、民族、敵、味方で命の差別化をせず、

多様な分野で信頼醸成の基盤を強化することにこそ、

日本の国際的役割があるはずだ。



==以上、引用終了==



この発言、全く同感だ。



多くの方に

こうした考え方を共有して頂きたいと思う。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・7・18

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください