7月27日 その2530『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.07.27



昨日は、黒松内から帰函し、

仲間の議員の皆さんと2度に渡って街宣を行った後、

さらに市内を歩き回った。



夜は、見付市議のビール・パーティーに出席をした後、

最終の特急で札幌入りした。



今日、早朝のJRで帯広に向かうためだ。



札幌の空は、雲が広がっている。



いつ雨が落ちてもおかしくはない。



道内は、大雨になる地域も多いようだ。







1)公文書の課題

特定秘密保護法は、施行されると、

物事の良し悪しが分からなくなる、

とんでも無い法律だ。



とにかく隠してしまえば、主権者である国民に対して、

半永久的に煙幕をはることができるのだから。



国民からどんなに批判を受けても、

施行さえしてしまえば、

権力者にとっては、

永久に嵐の吹かない隠れ場所ができるようなものだ。



====



そもそも日本の情報管理や情報公開には、

根本的な問題点がある。



情報公開の基本は、いわゆる公文書なのだが、

この公文書の定義が曖昧なのだ。



この公文書のあり方を、もっと突き詰めねばならないのだが、

そこをあえて甘くして、その上に公開などの制度を積み重ねている。



だからどうしても、情報の開示が、主権者である国民にとって、

隔靴掻痒の感が強いものになってしまうのだ。



====



大事なことは、

行政の諸活動をどう記録するかを突き詰めて議論し、

そのあり方を法律上明らかにすること。



さらに積極的であれ、消極的であれ、

意図があろうがなかろうが、

行政の諸活動の痕跡が記録されているものを、

どう扱うか、これについても突き詰めて議論すること。



その上で、行政における情報とは何なのか、

さらに公文書とは何かを定義することが需要だ。



そしてあくまでも公開を原則とすることだ。



日本の公的機関にかかる情報及び文書に関しては、

この出発点の議論があまりにも少なすぎる。



この出発点の議論を曖昧にしたまま、

どんなに公開制度議論しても、

その内容は脆弱なものとならざるを得ないのだ。



====



一方で、特定秘密保護法が守備範囲にしているのは、

文書ではなく情報だ。



ここが曲者だ。



文書に比較し、

情報は文書も含むが

それ以外のものも含み範囲が広い。



つまり秘密保護は、広い範囲に投網をかけている一方で、

国民への公開は、極めて狭い範囲に留まっている。



だからこそ、情報や文書のあり方に対する議論が必要なのだ。



特に行政の諸活動をどう記録するかの議論を

徹底的かつ継続的に行って、

秘匿と公開の対象となるものを

同じレベルにしなければならない。







2)叛逆

俳優の佐分利信さんが監督を務めた映画『叛乱』を、

JRの長時間移動を利用してDVDで観た。



2.26事件を忠実に再現した1954年の映画だ。



これまでに2度ほど観たことがあったが、

軍事優先に傾く安倍施政のもとで、

軍事、あるいは武力の意味を再確認する、

そんな目的を持って丁寧に鑑賞した。



過日観た『日本でいちばんながい日』も同様の目的だ。



====



行き過ぎた資本主義のもとで、

財閥は肥え太り、農山漁村は疲弊する。



青年将校たちの武力への妄信、

多面的にものごとを捉えられないあまりに単一的な思考。



今の日本の状況と似ているなどと、

短絡的に決めつけるつもりはないが、

それでもやはり青年将校たちの

あまりにも混ざり気のない無邪気とも言える思考回路は、

安倍総理の姿に重なって見えてしまう。



====



落ち着き、熟慮、そして想像力、

今こそ政治家が真価を発揮すべきときなのだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・7・27

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください