8月6日 その2540『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.08.06



昨日は、江差から上ノ国、木古内、北斗を経由し、

集団的自衛権に反対する

民主党北海道のキャラバンに同行した。



途中、幾度か激しい雨に見舞われた。



背広ポケットに入れた名刺の束が、

グチョグチョになってしまうほどの雨だったが、

江差、上ノ国、木古内、北斗、

さらには函館駅前での街宣も無事に終えることができた。



痛感するのは、忘却だ。



集団的自衛権行使容認閣議決定から

時間が経過すればするほど、

このことに対する市民の反応が

弱くなっている印象を受ける。



福島第一原発も、特定秘密保護法も、

武器輸出解禁も、怖いのは忘却であり、

それが当たり前のことになってしまうことだ。



そして特定秘密保護法の施行によって、

それら不都合な決定の多くが、

国民に明らかにされない事態が想定される。



そうなれば、国民が忘れるどころか、

そもそも事実を知らされないことになる。



なんとも空恐ろしい姿が垣間見える。



====



集団的自衛権問題は、立憲主義に反するかどうか、

すなわち憲法を改正しないで

できる問題ではないというのが出発点だ。



ところがいつのまにか、

その内容を議論する政策論にすり替えられている。



どんなに集団的自衛権のあり方を議論しようが、

それを法律で決定しようが、

そもそも現行憲法を改正せずに

そんなことができるのかという疑問には

何も答えていることにはならない。



この出発点を曖昧にしての、議論は、極めて危うい。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・8・6

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください