8月16日 その2550『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.08.16



函館は、今朝も雲が多い。







1)自作自演

昨日、戦後69回目の8月15日、

政府主催の全国戦没者追悼式が

日本武道館で開かれた。



安倍総理は式辞で、

「世界の恒久平和に、能うる限り貢献する」と述べた。



しかし、歴代首相が表明していた

アジア諸国に対する加害と反省や、

「不戦の誓い」の言葉はなかった。



安倍政権になって、

日本の軍事的な存在感が高まる方向に

政策が転換している。



そうした中で、平和との言葉は使うが、

不戦との言葉は消えてしまった。



これを当然と見る向きもあるようだが、

私は、日本の軍事的存在感を、

今あえてこの時期に高める理由が分からない。



安倍総理は、以前からこうした首長をしている。



今の国際情勢から判断して、

軍事的存在感を高めているわけではない。



自分が総理である時期、

例えば第一次安倍内閣のときも

軍事的存在感を高めたかったはずだ。



軍事的存在感を高めることが目的で、

その理由に今の国際情勢を持ち出しているのだろう。



安倍総理の言動が、

逆に近隣諸国との軍事的緊張を高める結果になり、

総理は、その緊張感の高まりを

軍事的存在感を高める理由にしている。



自作自演の雰囲気が漂う。



====



総理が行うべきことは、

各国間の軍事的緊張を高めないために、

節度ある言動を行うことであり、

日本が抑制的な軍事力であり続けることを追及することだ。







2)標準的な政策

最近、こんな意見を聞くことが、時々ある。



====



兵器の共同開発および輸出、

集団的自衛権は世界的に見れば標準的な政策。



多国間での安全保障の連携は

日本の安全を担保する上で大事な事。



毎年軍事費をのばし続け、

周辺国や地域に軍事的圧力、

威嚇、挑発を繰り返している国もある。



こんな状況下で、

日本が現在取り組んでいる

いくつかの安全保障政策は、

世界の常識から考えれば普通の事



====



安倍総理の考えもそうなのだろうと思う。



しかし、現行日本国憲法の下で、

こうした方向へ転換することは難しい。



他国と同様な軍事的行動ができないように、

現行の日本国憲法は、権力に縛りをかけている。



上記の意見のようなことをしたければ、

憲法改正が必要になるのだと思う。



安倍総理の行動は、

平和主義を掲げる憲法9条、

憲法改正手続きを規定した憲法96条、

そして権力者の憲法擁護尊重義務を規定した憲法99条、

これらに反する恐れが強い。



====



平和は待っているだけでは実現しないが、

待たないことの具現化が、即、武力行使ではないだろう。



どんな戦争であれ、

戦争の終局は必ず話し合いだ。



最終的に話し合いがなければ、

戦争を終えることができない。



だとすれば、武力行使をする以前に、

真の最後に行われるであろう

話し合いを実現するための努力を最大限行うことが、

人類に、特に日本に求められていることだ。



====



それにしても思うことがある。



戦争をする切っ掛けや

条件づくりをするのは権力の側だが、

それに拍車をかけるのは、

一般国民のような気がしてしょうがないということだ。



平和とは極めて難しい問題であり、

それを維持するのは辛い行為だ。



権力が何か勇ましいことを言い始めると、

平和が重すぎるため、

国民の一部は熟考も熟議もせずに、

それをわけ知り顔に受け容れる。



その勇ましさを吹聴することが、

あたかも正しいことであり、

それに賛同しない人を排除する。



そんな雰囲気が、

権力の側ではなく、国民の側から作り上げられていく。



これはいつの時代も、

国家が危機に陥る過程の中で、

見られることのような気がする。



今、もしかすると日本は、

その入り口に立っているのかもしれない。



平和を維持するために、私たちは何をすべきなのか、

安易な答えに惑わされることなく、

腰を据えて考えることが必要だ。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・8・16

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください