8月23日 その2557『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.08.23



函館の夜明け前、雨だ。



最近は、変な天気ばかりだ。



昨日も、松前や上ノ国では、激しい豪雨となった。



広島の例を出すまでもなく、

今までの天気とは全く違う雰囲気がある。



天気予報は、予報ではなく、

事後解説にならざるを得ない状況だ。



激しい豪雨になれば、

どんな地域でも

大きな災害になることを認識しなければならない。







1)日米地位協定

私は、日米安全保障体制や

日米地位協定を現状のままにして、

集団的自衛権の行使容認をするのは、

絶対におかしいと主張してきた。



こんなことをすれば、

日米関係は、今以上に双務性が保てなくなる。



====



日米安全保障条約では、

5条の規定によって、

アメリカが日本を防衛する義務を負っている。



これだけでは片務的契約になるため、

6条において日米地位協定を結び、

アメリカが日本に

基地を保有することを認めている。



この両方の規定によって、

日本は防衛にタダ乗りをしているのではなく、

日本も負担をしながら、アメリカが日本を守ることになっている。



ところがこの日米地位協定で、

アメリカは、単に基地を保有するだけではなく、

制空権、警察調査権、司法権などで、

極めて有利な立場を有している。



だから日米安全保障条約は、

日本が防衛にタダ乗りをするどころが、

アメリカが圧倒的に有利な

片務性の強い条約ともいわれている。



現状で、アメリカが既に優位にあるにも関わらず、

これをそのままにして、集団的自衛権の行使を認めれば、

アメリカは、日本に対してますます優位な状態になる可能性が高い。



日本が集団的自衛権を行使するならば、

この安全保障体制や

日米地位協定による日本の負担見直しが、

絶対条件と思われるが、

国会でもあまりこのことは問題になっていない。



一部議員がこのことを指摘したが、

安倍総理はその見直しをするつもりは全くない。



今回の集団的自衛権容認は、

現行憲法下ではそもそも認められない可能性が高いが、

仮にそれを認めるにしても、

日米安全保障条約の見直しが必須のことと思う。



====



こうした問題意識のある報道を

私はあまり見かけないが、

昨日の東京新聞が、このことを指摘した。



若干だが溜飲を下げた。







2)ビア・パーティー

昨夜、商工連盟主催のビア・パーティーが開かれた。



日中には、激しい雨が降り、開催が危ぶまれたが、

開始前には雨も上がり、なんとか開催にこぎつけた。



ところが開催中にも激しい雨になった。



しかし、参加者の皆さんも心得たもの。



合羽や傘を用意して、パーティーは続く。



私も多くの皆さんと、ビールを傾けながら、

いろいろな話をさせて頂いた。



開催準備に奔走した多くの皆さんに心から感謝している。







今日は、札幌で党の常任幹事会が開催される。



ところが札幌行の交通機関は、飛行機もJR満席状態。



結局、空きがあるのは朝一番のJRのみとのことで、

時間は無駄にはなるが、早朝からの移動開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・8・23

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください