8月27日 その2561『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.08.27



函館の夜明け前、気温は17度程度か。



空に雲が多いがそれほど厚い雲ではなさそうだ。



つい先ごろまで、暑かったことが

嘘のように気温が変化している。







1)災害

最近は、激烈な豪雨になることが多く、

全国各地で豪雨災害が頻発している。



災害対応を見直す必要がある。



====





天気予報や気象情報の伝え方を再検証すること





従来想定しえない激烈な気象現象も考慮し、

危険地域の再検証すること





ハード対応の見直し(優先順位、財源など)





防災計画の見直し

(地域を小さく区切って、

万が一の際の具体的な行動方針を作成する)



====



こんな視点を基本にして、

災害対策を見直す必要がある。



ハード対策は必要なことだが、

それは必ずしも十分なものではない。



いざという時の行動方針を明確にすることが、

被害を少しでも減らすために、

極めて大事なことだ。







2)熱田川

昨年夏、八雲町内で、JR貨物列車が脱線した。



熱田川から水が溢れ、線路が冠水したことが原因だ。



以前にも同様のことが発生していたが、

なかなか対策が進まなかった。



そこで脱線事故後、現地を視察した上で、

JR、国、道、そして町に対して、

各機関が協力して、早急に対応するよう、

粘り強く具体的な要請を行った。



その結果、なんと脱線から一年で、

この対策工事が完了した。



昨日、この現場を視察したところ、

早速、対策の威力を発揮したことが確認された。



先日の豪雨では、川が溢れることはなかったのだ。



設計、施工、そして竣工と、

通常よりもずっと早いスピードでこの対策が完了できたのは、

笹田道議と私を中心にして、

我々が的確に動き関係機関の調整ができたからだと痛感する。



政治がどう動かねばならないのかを示す、

良い仕事ができたと思う。



しかしまだまだ危険個所は多い。



油断せず、対応をしなければならない。







今日も朝街宣の前から活動開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・8・27

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください