8月30日 その2564『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.08.30



函館は、深夜に雨が降ったようだ。



路面が濡れている。



空に雲が多いが、青空も見えている。



日中も雲が多く、

弱い雨が降るとの予報が出ている。







1)概算要求

国の予算、来年度の概算要求が出そろった。



総額101兆円と、史上最高額だ。



各省が地方創生に絡めて、様々な予算を要求している。



私には、その要求の理由は、

屁理屈的言いがかりのようにも見える。



こんな予算では、地方創生は覚束ない。



各地域ごとに丁寧に話を聞き、

地域の将来像を落ち着いて構想する、

地方創生には、こんな姿勢が必須だ。



単に予算を計上すれば、

地方の創生が叶うという単純なものではない。



丁寧に地域の将来像を構築する、

それがあらゆる地方創生の出発点だ。



あるべき地域の将来像なくして、

地方の創生はあり得ない。







2)特定秘密保護法

特定秘密保護法の運用基準や政令の

素案に関するパブリックコメントが8月24日に締め切られた。



集まった意見は、2万3820件と数が多い。



最終案を9月にも閣議決定することになっているが、

政府は、これらの意見をキチンと踏まえるのだろうか。



エネルギー基本計画のパブコメのように

非公開では意味がない。







3)支持率

琉球新報社と沖縄テレビ放送が合同で、

8月23、24の両日実施した世論調査の結果が報じられている。



その質問の一部が以下だ。



【問1】普天間飛行場の名護市辺野古移設計画で政府は海底ボーリング調査を開
始した。今後の移設作業についてどう思うか。



 (1)移設作業をそのまま進めるべきだ(19.8%)

 (2)移設作業は中止すべきだ(80.2%)



【問2】ボーリング調査を開始した安倍政権の姿勢を支持するか、しないか。



 (1)大いに支持する(4.3%)

 (2)どちらかといえば支持する(14.3%)

 (3)どちらかといえば支持しない(26.6%)

 (4)全く支持しない(54.9%)



====



安倍内閣を支持しない声が、8割を超えている。



私は沖縄の政策に

安倍政権の性質(カネによる上意下達的強制など)が

顕著に表れていると感じている。



その沖縄の現実がこれだ。







4)疲労感

一昨夜は、結局午前2時頃まで、色々と活動をした。



昨日は、旭川での講演を日帰りでこなし、深夜に帰宅。



旭川まで飛行があれば、

もう少し楽な移動ができるのだが、

そうは問屋がおろさない。



早朝から深夜までの活動が続き、ちょっと疲労蓄積の雰囲気。



今日も市内で活動し、夕刻にはせたな町入りだ。







昨日は、昼食、夕食とも、

札幌駅で列車の乗り換えの合間に済ませた。



いずれも蕎麦、しかも同じ店でだ。



同じ店で2食続けて蕎麦とは、

蕎麦好きの私も少々呆れ気味だが、

それでも蕎麦は良い。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・8・30

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください