8月31日 その2565『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.08.31



8月最後の日、せたな町で朝を迎えた。



空に雲がまだらに広がっている。



雲の間から、空の奥が見える。



朝の気温は20度程度だ。







1)報告会

昨夜は、せたな町で、私と福原賢孝道議の活動を報告会を

地元の後援会の皆さんに開催して頂いた。



ゲストには、

かつてこの地域で活動をされていた

鉢呂吉雄さんにおこし頂いた。



3人がそれぞれ、20分程度に持ち時間で、

多様な角度から話をした。



参加された皆さんには、

今の政治情勢が立体的、かつ的確に伝わったのではないかと思う。



今年は、作物の生育も悪くない。



せたな町などでは、

マルチ栽培の馬鈴薯の収穫作業なども始まっている。



そのため、参加者の出足が危ぶまれたが、

椅子を追加するほど多くの皆さんにおこし頂いた。



それほど今の政治情勢に対し、

危機感が強いのだと思う。



その危機感をしっかりと受け止めて、

確実な結果を出さねばならない。



会場におこしいただいた皆さん、

メッセージをお寄せいただいた皆さんなど、

多くの皆さんに心から感謝している。







2)次はあなた

自民党の石破茂幹事長が入閣を受諾した。



報道によれば、

安倍総理から最後は「次はあなた」と

禅譲論まで持ち出した

首相側近の説得を受け入た恰好とのこと。



====



石破さんは、もっと骨のある方かと思ったが、

なにか腰砕けの感じがする。



こんな風に砕けるならば、

最初から総理と政策の違いを

滲ませなければ良かったのにと思う。



政治家の情報発信は難しい。







3)デモ規制強化?

人種差別的な「ヘイトスピーチ」は良くない。



自民党内には、

ヘイトスピーチの規制に便乗して、

国会周辺のデモ活動への規制強化を進める考えがあるという。



自民党の高市早苗政調会長は、

国会周辺のデモや街頭宣伝活動について

「仕事にならない」として、

規制強化を検討するよう求めたという。



====



確かに国会周辺は、

デモや集会で、色々な訴えをする方が多い。



しかし仕事ができないほどのことだろうか。



それらデモなどは、厳重に警備された中で実施されている。



これ以上規制を強化すれば、

憲法に定められた表現の自由という

国民の基本的人権を侵害するおそれを感ずる。



ヘイトスピーチに対しては、

国連人権規約委員会も、日本政府に対し、

差別をあおる全ての宣伝活動の禁止を勧告した。



しかしこのヘイトスピーチへの対応に便乗して、

デモ規制を強化するのはやりすぎだ。



====



自民党が一昨年4月に発表した憲法改正草案には、

表現の自由が含まれているが、

それは留保付きの表現の自由であり、

現行憲法と大きく違っている。



表現の自由を、今以上に制限する内容なのだ。



明治憲法など、表現の自由に制限のある憲法下で、

日本にも世界にも、人権を著しく侵害した悲しい歴史がある。



ヘイトスピーチを何とかすることと、

表現の自由を守ること、

この二つを両立させることに

最大限の知恵を絞ることが必要だ。



うっかりしていると、とんでもない社会になり兼ねない







4)馬券

昨日、函館薬剤師会女性部のレクに参加した。



今回は、函館競馬場の見学だ。



見学の前に、係の方から、

馬券の購入方法を学び、みんなで馬券を購入。



昔、札幌競馬場でアルバイトの経験はあるが、

馬券の購入は人生初。



札幌競馬場のレースを、大型スクリーンで観戦する。



自分が応援する馬がどうなるか、

やはり馬券を買うと、競馬観戦への力の入り方が違う。



レースは、混戦模様となり、

私の買った馬が、一位、もしくは二位だ。



結果は写真判定となり時間がかかりそうだ。



先に、施設見学を行う。



帰りに結果を見る。



判定が長引いた理由が判明。



二頭が同着の一位、つまり私の馬券が当たりだった。



人生初の馬券が当たり券とは、何とも嬉しい限りだ。



競馬場を後にする際、

「逢坂さん、選挙に向けてさい先良いねぇ」と

声をかけてくれた方がいた。



着実な活動によって、

その声を現実のものにしなければならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・8・31

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 8月31日 その2565『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください