8月13日 その1480『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.08.13



都内は薄雲の広がる夜明けを迎えました。

昨夜も熱帯夜。

今日の予想最高気温は32度程度で、
昨日よりは過ごしやすいかもしれません。



1)国と地方の協議の場
昨夕、官邸で法定後2回目の
国と地方の協議の場が開催されました。

テーマは、分科会と、
子ども手当、この二つです。

====

社会保障と税に関する分科会の設置が
正式に決められました。

====

冒頭、地方側から、
子ども手当に関し、特措法の閣議決定前に、
国と地方の協議の場が開かれたことを
評価するとの声がありました。

こうした協議は、早めに行うことが肝心であり、
今回の開催に走り回った私としては、
こうした評価を頂ける事を嬉しく思っています。

====


財源だけではなく、
地方側とは制度設計全体を議論すべき


子ども手当に限らず、
子ども子育て政策全体のバランスを見た議論が必要


子ども手当システムの改修費は国が負担すべき


制度がコロコロ変わらない、
政局に左右されない恒久的、安定的なものにすべき

====

子ども手当に関し、
地方側から以上の雰囲気をはじめ
さらにいくつかの意見が出されました。

これら意見を踏まえ、

「今国会で特措法が成立する見込みですが、
その後、即、地方側とも協議を開始し、
年末までに制度設計を行う」

という方針が確認されました。

====

政府内部には、
国と地方の協議の場を面倒な手続きだ等と
回避気味、忌避気味に感じているセクションもあるようです。

しかし、こうした協議を丁寧に行うことは急がば回れなのです。

2度目の協議の場で、
こうした政策議論が始動しつつあることを嬉しく思います。

今後も、こうした政策決定過程を大切にしなければなりません。

そのために精一杯、動きます。



今夜は満月です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・8・13 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください