9月10日 その2575『逢坂誠二の徒然日記』(4271)

掲載日:2014.09.10



夜明け前の函館は、

まだら模様の雲が広がっている。



車の往来が少なめで、

いつもよりも静かな印象を受けるが、

気のせいだろうか。



====



今朝は、白老町で激しい雨が降っているという。



昨日も、局地的に異常な雨が降っている。



しかも天気が急激に変化する。



かつての天候と、

最近の天候のトレンドは全く違っている。



天候対する、我々の感覚を変えねばならない。







1)集団的自衛権

昨夜、弁護士会館で開催された、

集団的自衛権行使容認を認めない会合に出席した。



どうすれば多くの人にこのことを理解して頂き、

最終的に安倍政権の暴走を止められるのかなどについて、

意見交換をした。



若者の理解を広げるための方策についても話し合われた。



署名や集会などの実施も議論され、

著名人を招いての会合実施も決定した。



過日の森町での会合に、

100人もの方が参加したことでも分かる通り、

この問題に関心のある方の危機感は確実に深まっている。



しかし課題は、広がりだ。



7月1日の閣議決定を頂点として、

国民の関心度は急速に低下し、

この問題に対する広がりが勢いを失っている。



集団的自衛権行使容認の理不尽さを、

繰り返し訴え続けることの重要さを

改めて強く再確認している。



====



こんな中、江渡聡徳防衛大臣が、

集団的自衛権だけではなく、

国連主導で侵略国などに制裁行為を行う

集団安全保障の行使も可能と発言している。



具体的には、次の発言だ。



====



「資源や食料を輸送する船舶の安全確保は極めて重要」



と指摘し、それが脅かされる場合は

停戦前でも機雷掃海を認める考えを示した。



その上で、



「(武力行使を認める)新三要件を満たす限り、

国際法上の根拠が(集団的自衛権から)

集団安全保障になったとしても、

自衛隊が活動をやめることはない」。



====



これまでの議論では、

資源や食料などの輸送路を確保するために

武力行使を認めるのは、

新三要件を拡大解釈する必要が高い。



公明党も反対のはずだ。



自衛隊の海外での武力行使が拡大する、

そんな懸念を払しょくできない。







2)iPhone

新型の「iPhone6」と「iPhone6プラス」が発売される。



アメリカや日本などで9月12日から

予約受付を始め19日から出荷だ。



画面が現行の「5S」などの4インチより大きく、

「6」は4・7インチ、

「6プラス」は5・5インチの2種類だ。



日本での価格は分からないが、

アメリカでは2年契約で「6」は199ドルから、

「6プラス」は299ドルだという。



ITプチマニアとしては新機種の発売は気になるところだが、

最近は、発売のたびの新機種導入は息切れ気味だ。



今回も心は動くが、少し静観することになる。



しかし、新型への興味を尽きない。







今日は朝の街宣から活動開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・9・10

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください