9月15日 その2580『逢坂誠二の徒然日記』(4276)

掲載日:2014.09.15



稚内市沼川の気温が、

なんと1.6度まで下がっている。



函館の最低気温は14度程度。



完全に秋の様相だ。



====



昨日は、体を動かすの目標通り、

歩いたり、走ったり、登ったり三昧をした。



家から歩いて80分、函館山にも上ることができた。



登山の途中は、寒さを感ずるほどだったが、

気分良く、山頂からの眺めを堪能した。



暗くなりかけてからの下山では、

山の静かな雰囲気を体全体で受け止めた。







1)川内原発

原子力規制委員会は、

川内原発が新規制基準に合致すると判断した。



これによって政府は、再稼働に進むのだというが、

安全安心とはかけ離れているのではないか。



田中俊一委員長も、



「基準への適合性を審査した。

 安全だということを私は申し上げません」



と明言している。



この発言は、極めて冷静だ。



規制委員会の判断は

安全にお墨付きを与えるものではない。



3.11以後の新規制基準を、技術的、科学的に見て、

その原発が満たしているかどうかを判定したに過ぎない。



この基準を満たせば安全との保障はない。



安倍総理は、

新基準を世界最高レベルであるかのように発言しているが、

本当だろか。



====



川内原発は、火山の集中地帯にある。



九州電力は、



「観測によって噴火の予知は可能」



だと主張し、規制委員会も認めた。



しかし原発が火山噴火に見舞われても、

安全な状態に措置すること、

例えば使用済み核燃料を

火山の影響のない場所に移設するなど。



こんな大作業を行うほど、

時間的余裕のある予知は可能なのだろうか。



これを実現するためには、

噴火の数年前に確実な予知を実現する必要がある。



有珠山や樽前山の現実を見ていると、

それが可能とは思われない。



====



さらに万が一の場合の、避難対策が不十分だ。



鹿児島県の試算では、

川内原発30キロ圏の全住民が

圏外に出るまでに30時間近くかかるらしい。



寝たきりの方など、

移動の難しい方々をどうするのか、

その具体策は見えていないという。



====



新基準という、

ある一定のレベルを満たしたからといって、

川内原発は安心できる状況ではない。



こんな中で見切り発車するなら、

安全神話がゾンビのように復活することになる。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・9・15

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください