8月16日 その1483『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.08.16



都内は昨夜も熱帯夜で、朝早く目が覚めしました。

東京の熱帯夜は12日連続でしょうか。

今日の予想最高気温も34度の見込みです。



1)泊原子力発電所
昨夕の報道によれば、
定期検査中で調整運転している泊原発3号機に関し、
高橋知事が今日、
営業運転再開の容認を表明する見通しとのことです。

どうも解せません。

====

この間、私の事務所でも、
北海道電力からのヒアリングをしていますが、
北電の姿勢は、原発の運転再開が
当然との対応に感じられます。

また北海道の姿勢も3.11以前のスキームの中での判断です。

3.11以降、保安院が十分に機能していない側面が
多々指摘されています。

それにも関わらず保安院の検査でOKだったことを理由にして、
再開するのは、あまりにも形式的過ぎます。

北電、北海道とも、
3.11大震災からもっと大きな教訓を得るべきです。

====

13日付北海道新聞に次の記事が掲載されていました。

== 以下、引用 ==

北海道電力は、
風力など自然エネルギーによる発電の全量買い取りを電力会社に義務づける
「再生エネルギー特別措置法」が施行されても、
風力発電の新たな買い取りをしない方針であることが12日、明らかになった。

電力の安定供給のため同社が独自に定めた
風力発電の買い取り上限(風力発電連系可能量)である
36万キロワットが既に満杯のためで、
同法の下でも新規の買い取り拒否は例外規定で認められるとしている。

同法成立を前提に、
通信大手のソフトバンク(東京)が
留萌管内苫前町で国内最大級の風力発電を計画するなど、
道内では風車建設に向けた動きが出ているが、
北電の方針が変わらない限り、新たな建設は困難となる。

== 以上、引用終了 ==

この記事が事実だとすれば、
北電は現状と将来を読み解く力、
リテラシーが欠如していると指摘されるおそれがあります。

仮に今後とも一定期間原子力への依存が続くとしても、
そこには最大限の安全対策と説明が必要です。

また再生可能エネルギーへのシフトも必須です。

北電は、今後の会社の進む方向を大きく指し示す必要があります。

もちろんそのために、
国の大きな方針も必要です。

電力をはじめとするエネルギー問題は、
日本の政治家の中心課題として、
今まで以上に大きな柱になります。



2)フクシマ論
昨日、『フクシマ論』の著者である開沼博さんから、
Twitterを通してコンタクトがありました。

直接の連絡を受け、恐縮しています。

現在、ほぼ読み終えましたが、
多くの方々に読んで頂きたい内容です。

====

また前福島県知事の佐藤栄佐久さんが書いた
『福島原発の真実』(平凡社新書)も読み始めました。


====

いずれの著書でも、
今まで何となく語られていた不都合な真実が、
堂々と語られるようになっています。



3)一枚のハガキ
過日、今話題の映画
『一枚のハガキ』を観る機会に恵まれました。

99歳の新藤兼人監督最後の作品として、
新聞等の前評判の高いものでした。

戦闘のシーンはありませんが、
人の人生をボロボロにしてしまう、
戦争の愚かさ、悲惨さが伝わります。

さらに大竹しのぶという俳優の、
常軌をこえた演技も見ごたえがあります。



さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・8・16 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 8月16日 その1483『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください