9月20日 その2585『逢坂誠二の徒然日記』(4281)

掲載日:2014.09.20



昨日、松江入りした。



夜明け前の松江の気温は17度程度か。



室内から雲の状態は分からないが、

目の前の宍道湖に、街路灯の光が映っている。



====



昨日は、松江市職員ユニオン幹部の皆さんと、

地域の自治について、様々な意見交換をさせて頂いた。



特に自分たちの仕事と政治の関係、

この距離感についていくつかの意見交換をした。



極めて有意義な時間だったと思う。



今日も二度の講演が予定されている。







1)スコットランド

スコットランドが英国から

独立するのかどうかを問うた住民投票は、

独立反対派の票が賛成派を上回った。



====



結果は次のとおりだ。



独立賛成が161万7989票で44.65%。



反対派が200万1926票で55.25%。



投票資格がある16歳以上の

97%に当たる約430万人が有権者登録。



最終的な投票率は84.6%。



====



独立しないことになったが、

45%もの人が独立を支持し、

この住民投票が投じた一石は大きい。



しかも投票率が84%というのも凄い。



自治や地域に対する関心の高さを示している。



報道で知る限り、

今回の住民投票の結果を左右したのは、

経済的な側面が強い印象を受ける。



英国中央政府に対する不満が強く、

独立して独自政策を展開したい。



だが独立すれば、

独立国も元の英国も経済的ダメージを受ける。



さらに新制度を確立するまでに混乱も多い。



こんな状況を見越した英国政府が、

住民投票終盤になって、

スコットランドに有利な政策を

矢継ぎ早に発表したのだろう。



====



5%の住民が独立賛成に回れば、

賛否が完全に拮抗する投票結果であり、

首の革一枚で独立が阻止された状況だ。



今後、英国政府は、

スコットランドに対する分権政策を実施するという。



今回の住民投票で問われた内容は、

何もスコットランドだけのことではない。



中央政府と地方政府の関係をどうすべきなのかは、

日本においても重要な課題だ。



住民に身近な政策や

地域のことは、地域で決める。



この思いがどう貫徹できるのか、



今回の住民投票を契機にして、

世界の自治は新たな局面に入るものと思う。







2)統一地方選挙

来年の統一地方選挙の日程が明らかになった。



都道府県と政令指定都市の

首長と議員選挙の投票は4月12日。



政令指定都市を除いた

市区町村の首長と議員選挙の投票は26日。



この日程になる見込みだ。



統一地方選挙は臨戦態勢に入る。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・9・20

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください