9月21日 その2586『逢坂誠二の徒然日記』(4281)

掲載日:2014.09.21



一泊二日の島根滞在、

様々な出会いがあった。



島根をはじめて訪問したのは、

40年前、中学三年の時だった。



小学校高学年の頃から

島根や山陰地方に対する

漠然とした憧れがあった。



小学校6年のとき、島根訪問を意図したが、

一人で旅行するには時期が早いと止められた。



中学三年になってやっとその思いが実現した。



それ以来、何度か島根を訪問しているが、

訪れるたびに、あの地域でしか感ずることのできない

独自の雰囲気に触れることができる。



今回も同様だ。

(もしかするとその感覚は、

 私だけにしか感じないものかもしれないが。)



その上、今回の訪問は、

多くの皆さんとの交流もあった。



====



一昨夜は、島根市職員ユニオン幹部の皆さんと、

硬軟織り交ぜて色々な意見交換をさせて頂いた。



4時間に渡る時間を共有させて頂き、

ユニオンの皆さんの考え方が良く理解できたし、

本当に尊敬できる取り組みをしていることが分かる。



====



昨日午前は、2時間以上にわたって

民主党島根県連の皆さんと意見交換をした。



地域での悩みが良く理解できたが、

議会であるべき活動をすることの難しさを痛感している。



言うことが簡単だが、

様々な慣例やしがらみに支配された議会で、

思い切ったことを断行するのは簡単ではない。



多様な人材が議員になることのできる仕組みを確立する

ことの重要性も改めて痛感する。



地域の人口構成(年齢、性別、職業など)と、

現在の議会構成が大きくかけ離れていることが多い。



だからどうしても議会の議論が、

地域の皆さんにとって我がことのように思われない。



地域の人口構成に近い形で、

多様な人材が議員になれるよう制度改正をすることが必須だ。



====



午後からは、

島根市職員ユニオンの研修会で講演を行った。



この前後に、10年以上前にお会いした

二人の方との再会があった。



一人は、私の『町長室日記』(拍櫓社)を持ってこられ、

出会った時の一節に指し示してくれた。



こんなに丁寧に、

私の本を読んでくださっていることに、

深く感謝するとともに、

発信する責任の重さを痛感する。



講演の前後の短時間に、

人口減少地域の地域活性化などについて、

密度濃い意見交換をした。



地域外に住む方々が、

特定の地域を応援する仕組みに関する議論が印象的だった。



====



研修会は、土曜日にも関わらず

500名近い方が参加した。



公務員の役割や、

政治に関与することの意義などを話させて頂いた。



しかし私の集中力がちょっと散漫になり、

話に一貫性と迫力を欠いた。



反省している。



そんなこともあって、

講演後の質疑が少なかったのだと思う。



講演での出会いは、一期一会だ。



私の話を二度と聞くことのない方が大半だ。



そのことを改めて心に強く刻んで、

講演に臨まねばならない。



====



講演終了後、一昨日と同様に、

車で出雲空港に送って頂いた。



車内では、地域の情報化や

市役所から市民への情報伝達手段について、

色々な話を聞かせて頂いた。



我が函館地域との対比を思いつつ、

これも大いに勉強になる話だった。



====



私の思いれの深い島根。



できればもっと滞在したいところだが、

後ろ髪を引かれる思いで、出雲空港を後にした。



お世話になった多くの皆さんに

心から感謝している。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・9・21

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください