9月23日 その2588『逢坂誠二の徒然日記』(4283)

掲載日:2014.09.23



昨日は、超党派国会議員で構成する

「原発ゼロの会」の顧問として、

昨年9月に引き続き、福島第一原発を視察した。

(本来は、7月に訪問予定だったが、

台風のため9月に延期になったのだ。)



今回も、石崎副社長をはじめ、

幹部の皆さんに対応頂き、

現在のイチエフの状況を説明頂いた。



====



昨日の主な視察箇所は、次のとおり。



・免震重要棟

・原子炉注水ポンプ,処理水貯蔵ポンプ

・事務本館

・乾式キャスク仮保管設備現場

・サブドレイン浄化新設設備

・多核種除去設備

・地下水バイパス一時貯留タンク

・貯留タンク

・1~4号機外観

・地下水バイパス揚水井

・4号機原子炉建屋オペフロ

・凍土遮水壁工事現場

・非常用ディーゼル発電機6B

・海側遮水壁

・夜ノ森線鉄塔倒壊現場

・入退域管理施設



====



私が感じたものも含め、

昨年との主な変化は次のとおり。





敷地内の作業員の数が多くなった





4号機使用済燃料プールから

80%程度の使用済み核燃料が搬出された





汚染水などの貯留タンクが増えた





新たな多核種除去施設の建設が進んでいる





瓦礫の処理が多少進んだ





敷地確保のため構内の森林伐採が進んだ





素掘り側溝が少なくなった





汚染水などの貯留タンクの錆が目立つ





作業員の休憩場所の建設が進んでいる





構内線量が下がり気味のため、

全面マスク着用の範囲が大幅に減った





汚染水対策など、

やるべきことが明確になったため、

粛々と作業が進んでいる





凍土遮水壁の工事が進んでいる



・海側遮水壁の工事が完成間近



====



私が感じたものも含め、こんな変化があった。



良い方向に進んでいる部分もあるが、

相変わらず手探りで対応していることも多く、

現場の綱渡り状態は変わらないようだ。



幾つか気になったことを思いつくまま、以下に記す。



====



現場の作業員数は、

一日に5~7千人程度だという。



この方々の移動を管理し、

防護服への着替え、放射線量の管理などを、

日々行うのは、膨大な作業量だ。



今後、この数が増えるのかどうかは分からないが、

質疑からは、東電もこの作業員の全体像を

把握していない印象を受けた。



作業員と作業工程の多さゆえに、

構内で渋滞が発生したり、

作業資材の置き場がない等の問題発生が懸念される。



また被爆管理が適切に行われているのか、

これもハッキリとは分からなかった。



====



敷地内に産廃の処分場があったように感じたが、

イチエフ敷地は、様々な汚染物質の仮置き場になっている。



これらをどのように最終処分するのか、

そのめどは立っていない。



====



地下水バイパス、凍土遮水壁など、

昨年は机上のプランに近かったものが、

今年は具体的に進んでいる。



しかし直接説明を聞いても

その効果がどうなるのか、

必ずしも確信の持てるものなっていない。



====



凍土遮水壁には、

大量の電気を必要とするという。



原子力発電所は、発電のためにも電気が不可欠だが、

事故処理のためにも多くの電気が必要となっている。



何とも皮肉な現実だ。



====



現場の状況を打開するためには、

一定の期間内に、たくさんの作業が必要になり、

当然作業員が増える。



しかし作業員が増えれば増えるほど、

作業環境は悪化する印象だ。



====



質疑でも、明らかになったが、

廃炉はもとより、

将来に向かって技術者の確保が課題となっている。



また何かトラブルがあると、

当然、それが報道される。



この繰り返しが作業員の

モチベーションの低下に繋がる可能性があるという。



====



廃炉、さらに汚染水対策に、

昨年以上に力を特化させている印象を受けた。



しかし地下水汚染水対策などが、

綱渡り状態であることには変わりはない。



これらの対策をしつつ、

廃炉作業に取り組まねばならないのだが、

原子炉格納容器内で

溶け落ちた核燃料の実態が分かっておらず、

本丸作業が本格化するのはまだ先の印象だ。



今後、30年とも、40年とも言える、

生産性のない作業に、

膨大な費用を要することも現実だ。



原子力発電所のコストとは、いかなるものであるのか、

今一度、丁寧に検証する必要がある。



====



昨日は、JRいわき駅で下車し、国道6号を北上。



広野町、楢葉町、富岡町を経て、

大熊町の福島第一原発に入った。



いわき市では平穏で日常的な住民生活が

繰り広げられているように見えるが、

当然のことながら、

原発に近づくにつれてその姿は一変する。



荒廃した農地、草だらけの民家、

人のいないガソリンスタンド、

看板の落ちたドラックストアなど、

機能を失った町が眼前に広がる。



ここで生活し、仕事をしていた皆さんのことを思うと

悲しくて、心痛くて、言葉も出ない。



これが国富の流出だと、改めて痛感する。



====







視察を終えて、昨夜遅く、都内入りした。



疲労感はあるが、今日は帰函だ。



ちょっと安堵しつつ、

今日は十分な睡眠時間を確保したいと思う。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・9・23

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください