9月25日 その2590『逢坂誠二の徒然日記』(4285)

掲載日:2014.09.25



低気圧の影響で、

関東や東北北部などで雨が降っている。



北海道でも、突風やひょうの降る恐れがある

と指摘されている。



昨日は、新月だったが、

そんな雰囲気の味わえる空ではなかった。







1)朝食会

昨朝の7時からの朝食会、

今回も、密度の濃い時間を過ごすことができた。



私からは、以下のような話をした。



====





函館の人口問題





スコットランドの住民投票





NHK報道の問題





シリアへの空爆





福島第一原発視察の様子



====



参加された皆さんからは、

福島第一原発、報道の偏り、

安倍政権への懸念などについて

質問などが出された。



朝のうちに短時間、密度濃く話をするのは、

様々な効能がある。



参加された皆さんに、心から感謝している。







2)言葉

文化庁が、昨日、2013年度の

「国語に関する世論調査」の結果を公表した。



名詞や英単語などと

「する」を組み合わせた造語の使われ方について、

「ディスる」は、全く縁のない言葉だった。



「けなす、否定する」という意味だったとは、

全く想像もつかなかった。



英語の軽蔑や無礼を意味する

「disrespect」が冒頭を拝借したようだが、

タクる、チンするなどの単純さがない。



言葉は常に変化するものだが、

あえて意味の分からない言葉を使って

楽しんでいる風にも思われる。



====



我々の世代もその昔、

パルコ出版の雑誌「ビックリハウス」で、

随分とおかしな言葉を発信した。



えびぞる、びっくらげーしょん等、

流行させたい言葉を投稿したものだ。



最近、自分自身を含め、

語彙が減っている感じがする。



硬軟織り交ぜた言葉のあり方、

コミュニケーションのあり方を考えてみたい。







3)シリア空爆

今回のシリア空爆について、

オバマ大統領は国連憲章51条に基づく、

「個別的または集団的自衛権の行使」と説明しているようだ。



国連安保理の決議はなく、シリアの事前同意もない。



今回の空爆が国際法上、

正統化できるものなのか、根拠が薄弱だ。



さらにイラク戦争も、アフガニスタンも、

武力で問題解決にはなっていないことは明白だ。



イラクでの武力行使が

今回のイスラム国などの問題に繋がっている

との指摘も多い。



武力行使をしなければ、

何等の対応をしていないと受け止められる向きも多いが、

武力行使が莫大な負の側面を抱えていることを

常に認識しなければならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・9・25

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください